阿蘇ぐらし・熊本ぐらし  by 木のいえ設計室くわくわ

kuwakuwa39.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 03日

無垢材の補修方法(床)

a0107578_10195259.jpg

無垢材の家づくり
木のいえ設計室くわくわ

杉や他の針葉樹(桧、松、唐松等)の床材は、肌触り、心地よさ、どれを
とっても、内装材としてはオススメの素材です。

冬の表面体感温度は、全く違います。合板の床は冷たくて、足に固い感触があります。
夏のジメジメ感も、無垢材の床を張った家では違います。無垢材なら、ふとんを
直接敷いても大丈夫ですが、合板の床ではふとんの湿気がとれません。

ただ、どうしても一般の方が気にするのが、柔らかくて傷つきやすいこと、
汚れやすいことです。
確かに、家具など、ごろごろ動かしていると、杉などはすぐにへこんでしまいます。

そこで、簡単な補修の方法(これも面倒,という方はパスしてね。)を
書いて行きます。
a0107578_9522084.jpg

上の写真は、ひとりで家具を移動した時、床張りの最中にできた傷です。
a0107578_9583096.jpg

傷の上に、湿らせた布、もしくはティッシュをおいてしばらく放置します。
a0107578_9592040.jpg

すこーし、盛り上がっているのが分かりますか?
a0107578_9594342.jpg

そこで、高温設定したアイロンをあてます。
スティーム状態です。
a0107578_1002030.jpg

軽くあてた後、ほとんどへこみが消えています。

合板の床は、表面に薄い木をはってあって、下はベニヤです。
傷がつくと、補修はけっこう面倒なものです。(市販の補修材があります。)

傷がつきにくい針葉樹の床材は(すべて国産材です。)
桧、松、唐松、栂、杉の順番。
広葉樹では(すべて国産材です。)
かえで、桜、栗、ナラ材があります。

一般的には、針葉樹の床材が多く、化学物質過敏症の方などには
香りの少ない材料をオススメしています。

一日をどのような空間で過ごすか、それは心身ともに大きな影響を
受けます。
呼吸して、空気がおいしいと感じられる生活をしませんか?
[PR]

by kuwakuwa39 | 2011-02-03 10:22 | 健康に暮らす | Comments(0)


<< 築40年の家をリフォーム      リフォームで、築35年の住宅を... >>