阿蘇ぐらし・熊本ぐらし  by 木のいえ設計室くわくわ

kuwakuwa39.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 26日

阿蘇暮らし 移住者たち

a0107578_0462737.jpg


気候風土を大切に木のいえ設計室くわくわ




南阿蘇村、高森町には関東からの多くの移住者が暮らしています。

2011年3月11日大震災後の原発大破壊に背中を押された人たちもいます。
その他にも、311前から古民家を借りて、手を入れ、家族、ウーファーさんを受け入れて
農業をしている家族や、定年退職をした方たちが終の住処として、阿蘇へ移住をしています。

関東からの移住者の多くは、まだ小さな子どものいる若い家族たちです。
移住して3年、4年経ち、皆落ち着いた暮らしを取り戻しているように思います。

林業や農業の修行をしている人、東京の仕事を引き続いている人。
アルバイトや緊急雇用制度を利用している人たちもいます。

土地をみつけ、家を直し、畑を耕す。
子どもを育てながらの毎日は、それはそれは大変なことだと思います。

それでも、皆楽しそう。
マルシェを開いて、手作りの食品や食事を販売したり、手工芸のものを販売したり。
歌を歌う人たちもいます。Pro級です。

だから、阿蘇は忙しい。
マルシェ、ライブ、フリーマーケット、新酒祭り、風鎮際などなど。
週末はなにかしら、イベントがあって人が集まり、地元の方たちともつながりを持って
生きています。

今週末27日は、世界農業遺産マルシェ。
昨年、認定を受けたのをきっかけに、沢山の方に阿蘇の良い所を知ってもらおうと
開いたマルシェです。

南阿蘇村のあそ望の郷 くぎの

自然栽培や有機栽培の野菜、安全でおいしい食べ物たち。
ライブもあります。

真っ正面には阿蘇五岳が!!

秋は楽しいイベントが目白押しなのです。
秋だけではありませんが。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2014-09-26 00:50 | 素敵に暮らす | Comments(0)


<< 古民家、古家、借りる?買う?      阿蘇に暮らして2年と8ヶ月 >>