阿蘇ぐらし・熊本ぐらし  by 木のいえ設計室くわくわ

kuwakuwa39.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 16日

熊本地震を経験して、家づくりを考える


4月の地震を経験し、身近に建物の被害状況を見たことで、これまでにもまして、
地盤、敷地環境、耐震性について考えることとなった。

また、設計者として敷地の選択の場面からアドバイスしなくては、とも考えている。

関東ではいずれ、直下型地震にみまわれる、という国からの警告もあり、耐震改修
や地盤改良など、進んでいたと思う。
それでも、建築基準法では、耐震性能1程度をクリアしていればOKということもあって、費用のかかる耐震に体する措置を講じている所はまだまだ少ない気がする。

熊本に移住した理由のひとつが、地震が少ない、というなんとなくの噂に惹かれた、ということもあった。
ただし、移住してからの情報では、もし南海トラフ最大規模M9の地震が起これば、熊本でも震度6を越えるだろう、という予想は県の発行している防災マップで知ることとなった。

熊本は地下水で水道水を賄える、数少ない都市である。=地盤がゆるい。
とは、考える人が少なかったのだろうか?
防災マップには阿蘇市や熊本市内などの液状化する地域の予想地図が真っ赤に示されていた。
今回の地震で、液状化のあった地域だった。

熊本で地震対策は進んでいなかった。

古民家の建築も、作り方次第では被害が少なかった家と全壊などの被害を受けた家とに分かれてしまった。
a0107578_14363807.jpg
a0107578_14352853.jpg
これほど、建具にゆがみがあったにも関わらず、柱は15ミリ程度の傾き
に留まり、住み続けることは可能だった。
補強壁をつくることで、耐震補強をすることにした、という。

この被害の少なかった家を見せていただくと、板壁を使っている、梁の
大きさ、柱の大きさなど、充分に耐力を維持できるものを使っていた。
同じ地域によって、これほど被害に違いが出ることも知る事となった。

益城町や西原村のように、活断層の真上にある場合は、無惨に倒れてし
まっているが。

現在は、国土地理院が各地の活断層の地図などをネット上でも配布し
ている。
新築する際には、敷地がどのような場所にあるのか、また、どのような
地盤かを調査することの大切さを、あらためて肝に銘じている。

a0107578_14113678.jpg
高い擁壁の上に建つ家

今回の地震で、熊本城の城壁の石垣が大きく崩れてしまったことは
テレビなどでも大きく報じられた。

石積みの技術は熊本では様々な住宅の外構にも生かされて来たが、その多くが
崩れている。

高い擁壁の上に建つ住宅は、家そのものはしっかりしているにも関わらず、
崩れた擁壁の上で傾いていて、危険で住む事ができない。
地震で耐えても、大雨の影響で状況は悪化していく一方。
ペンション村、別荘地など、新しい分譲宅地は不安な場所が多い。

そんな中、熊本市内で、2度の震度7に耐えている家もある。
揺れは大きく、室内はひどく散乱したものの、傾きやひび割れなどほとんど見る
事がなかった。
住人も、避難所に行く事なく、暮らしていたという。

それが、板倉工法。

柱に溝を作り、厚みのある板をその間にはめていく工法。
柱や梁が見えるように作るのが通常で、内壁は板倉のままでもよいし
漆喰塗りなどにすることもできる。

従来の筋交いでは足りず、合板は使いたくないくわくわとしては、
この板倉工法をおすすめしたい。

なにより、熊本や宮崎などの九州産木材をふんだんに使うため、
森林の活性化にもつながる。

安心できる構造、快適な空間を基準にしながら、美しいタイルやガラス、
オリジナルのキッチン、洗面台、建具など、わくわくしながら家づくり
をすすめていただけることを目指していきたい。


熊本県内から関東まで、家づくりご相談ください。

安心して暮らす家木のいえ設計室くわくわ

[PR]

by kuwakuwa39 | 2016-08-16 14:47 | 熊本地震 | Comments(0)


<< 公共的バリアフリーということ       8月13日の熊本 >>