阿蘇ぐらし・熊本ぐらし  by 木のいえ設計室くわくわ

kuwakuwa39.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 26日

住宅のバリアフリーとは

a0107578_22283911.jpg
カラフルなタイルで、元気のでるインテリアも楽しいですね。

楽しんで暮らす家木のいえ設計室くわくわ

住宅のバリアフリーってどうするのがベスト?

身体がご不自由な方にとって、ニーズは様々です。
お若い方、ご高齢の方、どれくらいの動作が可能であるか。

それぞれに、細かくお話をうかがいながらでなければ、
気持ちよく暮らすことは難しいかもしれません。

手摺をつけることひとつとっても、身長のこと、利き手のことなど
知らずにつけるのは乱暴と言えます。

私はさらに、大切なことは、その方がどうすれば楽しく生活をして
いただけるか、ということだと思うのです。

お料理が好きな方のためには、オリジナルのキッチンを。
畳で休みたいと思う方には、車椅子から移りやすい高さの小上がりを。
お出かけの好きな方には、いつでも自由に出入りができる玄関を。

などなど。フラットであること=バリアフリー とは言えないかもしれません。


[PR]

by kuwakuwa39 | 2016-08-26 22:39 | 快適にくらす | Comments(0)


<< いごこち      公共的バリアフリーということ  >>