阿蘇ぐらし・熊本ぐらし  by 木のいえ設計室くわくわ

kuwakuwa39.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 07日

ちいさなおうち

a0107578_23301688.jpg
ちいさなおうち<font color="BROWN"><a href="http://www.ne.jp/asahi/kuwakuwa/home/">木のいえ設計室くわくわ</a></font>

a0107578_23305525.jpg
以前訪れたストックホルムの郊外には、ガーデン、畑などを楽しむことの出来る区域が
あった。
バスや地下鉄でそれほど遠くない距離。
夏の短い北欧では、こういう場所を有効につかって楽しむことが上手だと思う。
小さなコテージにはキッチン、シャワー程度。
トイレは外部にコンポストトイレを設置したり、共同トイレがあったりする。
a0107578_23321867.jpg
     クラインガルテンの共同トイレ

なにかを簡素化すれば、それほどお金をかけなくても快適な家は建てられるのに、
と思うが・・・。


熊本地震で全壊、半倒壊された住宅を持つ高齢者は、新しくローンを組んで
家を建てることが難しい方も多い。

行政が敷地を準備して建てている仮設住宅。
昨日、福島の避難所で火災が発生したとニュースがあった。
化学物質の家が燃えると有害ガスが出て、被害がでる。
暮らしていることも快適とは言えないはず。
なにより、仮設住宅に5年以上暮らしているということの意味!
ご苦労をおもんばかる。

後日ある避難所を見学させていただくことになっている。
化学物質過敏症の方は暮らせないと思うが、現実をみておかないと、何も
言えないと考えたので。

ただでさえ、精神的に経済的に痛手を受けた被災者の方たちが一日も早く
安心して暮らすことが出来ますよう。

くわくわとしては、安価に、快適に暮らせる、かわいらしい家ができないか、
模索中です。



[PR]

by kuwakuwa39 | 2016-10-07 23:36 | 快適にくらす | Comments(0)


     カフェのような家 >>