阿蘇ぐらし・熊本ぐらし  by 木のいえ設計室くわくわ

kuwakuwa39.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:建築( 53 )


2015年 10月 21日

東京の家づくりー2

健康に暮らす家木のいえ設計室くわくわ




a0107578_22503218.jpg

夏から始まった敷地調査で、まずは環境を確認しました。

近くに高圧鉄塔はないか?
変圧器のある電柱はないか?
農薬散布の心配はないか?
水脈が下を走っていないか?

ドイツを発祥とするバウビオロギーの建築家たち
は、様々なことを細かく調査します。

特に電磁波の問題は、日本ではあまり広く知らされていません。
しかし、海外ではきちんとした規制がなされています。
電子レンジやIHの調理器具がこれほど普及している国は他に
ないでしょう。

今回は、敷地の放射能の測定についてです。
現在、全国の市民測定所が協力して、原発事故から4年以上経った日本
各地の土壌調査を実施しています。
私が依頼している測定所も、そのプロジェクトに参加していたために、敷地
の土を同じ条件で集め、測定をお願いしました。

表面深さ5cmまでの土(深く掘らない)を1L、測定していただきました。

写真は、土の上に直に測定器を置いて空間線量を測っているところです。

熊本では0.02マイクロシーベルト/h〜0.03マイクロシーベルト/h程度です。
以外だったのは、空間線量はそれほど高くありませんでした。

そして、測定してもらった土壌の測定結果は
Cs134,Cs137の合計で29ベクレル/kg という数値でした。

東京新宿のあるポイントでは、800ベクレル/kgというので、同じ東京の中
では低い方です。

しかし、311前の日本には、チェルノブイリ事故(8000キロ離れている)後の
影響はあったものの、人口放射能が検出されることは稀なことだったといいます。

今回、敷地には、基礎工事をする際に出る土(深部)を庭部分に敷くことで、
放射能の影響を下げたいと考えています。

今、困っていることは、お施主様のご希望の薪ストーブです。

地元の樹木を野積みにしていた薪を使用していたストーブを利用している方に
ご協力いただいて、焼却灰をいただき、測定させていただきました。

1)地元の広葉樹の薪を利用 測定日 2015年9月 今年冬の焼却灰から
  Cs134,137合計  1000ベクレル/kg検出
2)地元の建材の廃材を利用 測定日 2015年9月 今年冬の焼却灰から
 Cs134,137合計    800ベクレル/kg検出

関西や北九州で、東北の瓦礫の焼却をした際に、多くの反対の声が上がり、実際に近隣の測定値
が上がったという情報もあるくらい、汚染されたものを燃やすと、放射能が拡散されることは
知られています。
特に600℃以上の高温になると空間に放出されるということも言われています。

昨年、地元の農家で薪ストーブを使っていた方からの依頼で測定した際にも同じような結果が
出たそうです。その方は灰を畑に撒くことを諦めたそうです。

これまで、バイオマス利用として、化石燃料を使用しない薪ストーブはエコ、と言われてきました。
また、特に男性に多いように思いますが、炎を見ていたい、と言われる方がいらっしゃいます。
でも、311以降の日本では、エコというよりもとても危険な道具となっているのかもしれません。

贅沢ではありますが、できるだけ西日本からの薪を利用していただきたい、と私はお施主様に
お話をしている所です。

本当に悲しい、これが今の日本の現実です。

100ベクレル/kg以上を放射性廃棄物として管理することをうたった法令




放射能のことについて、詳しいサイトは数々ありますが、私が信頼しているサイトをご紹介します。
内部被ばくを考える市民研究会



[PR]

by kuwakuwa39 | 2015-10-21 22:52 | 建築 | Comments(0)
2015年 10月 10日

東京の家づくりが始まりました。


a0107578_2219235.jpg

東京上空の夕日

熊本に移住してから3年半。

関東での家づくりに関わることはないと思っていた私、今年の夏の始めに、
1通のメールをいただいたことで、ふたたび、東京での家作りに関わらせて
いただくことになりました。

2011年3月11日、大地震、津波、そして原子力発電所の爆発。

あの日から、日本の生活はこれまでとは全く違う段階に入った、と感じました。

チェルノブイリの事故が起こった時、私は6歳と1歳のこどもの子育て真っ最中でした。
以前から、原子力発電に反対の立場をとってきた私には、ある程度の放射能に関する
情報がありました。

ソ連は、当時、遠い日本からみていると、とてもひどい対応をしているように思いました。
ところが、311以降の日本はとても信じられないような対応のまずさを私たちに見せてきました。
事故後、1週間で、この国の恐ろしさを知ったのです。
今考えると、当時のソ連の方がずっとずっと正しい判断をしていた、ということに気づきます。
なぜなら、うむを言わさず、汚染地帯のひとたちを強制的にバスに乗せて移動させたから。
何ヶ月もその場所に居続けるしかなかった、飯館村のこどもたちが、本当に心配です。

私は、建築家である前に、母親であり、こどもたちが健康に自分の人生を全うしてほしい、と
心から願っている1人の人間です。

放射能は、目に見えませんし、味もしません(化学物質過敏症の方の中には、口に金属の味
を感じる、というかたもいます。)ので、日常生活では全く今までと変わらない。

それでも、29年過ぎたチェルノブイリでは、当時こどもだった方たちが大人になり、そのこども
たちに放射能の影響があるということを知っている私たちは、気をつけるべきところは現実に
ある、言い続けることです。

東京の方の家づくりのお手伝いをするには、何を一番大切にしよう?
と自問自答しました。

これまでの通り、出来うる限りの化学物質を使わないこと。
居心地のよい、家づくりをすること。

そして、私にできることは、放射能についての情報を隠すことなく、お知らせすること。
使用する建材は、すべて測定すること。

そう決心して、お客様とのお話を進めています。

おそらく、お客様にとって、放射能のことは、私からお話をさせていただくまで
身近なテーマではなかった、のかもしれません。
敢えて、お話しないことも出来ました。

でも、初めてお会いした時に、可愛いむすこさんとお嬢さんの笑顔を見て、この
方たちのためにお役にたちたい、と心から思いました。

熊本と、東京の往復は私にとっては、楽しいことです。
わざわざ、そんな遠くの設計家に依頼しなくてもよいのでは?
と思われる方もいらっしゃるでしょうね。

なにごとも、ご縁なのだと思います。
信頼していただけたことが、本当に嬉しいです。

これからは、東京での家づくりのことを書かせていただこうと思っています。

次回は、敷地の放射能測定のことです。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2015-10-10 22:20 | 建築 | Comments(0)
2015年 04月 06日

家づくり、自分で作る?ーその 2  確認申請ってなーに?

本物の木づくり木のいえ設計室くわくわ





今日は確認申請について。

日本で家を建てる場合、自治体、地域の中で建てようと思う敷地がどういう条件の
場所なのかをまずは知る必要があります。

都市計画地域、市街化区域、市街化調整区域、農業振興地域、などなど。
それからその中で、都市計画としての用途地域が分けられています。

例えば、住宅を主に建築できる地域と工場が建築できる地域では、条件が
違います。

敷地に対して、建てられる家の規模は都市計画の用途地域によって決められています。

建築基準法に基づいて、確認申請の必要な地域がほとんどです。
しかし、私が住む阿蘇郡高森町や南阿蘇村では、確認申請の必要ない地域がほとんどです。

確認申請が必要ないとしても、住宅として安全な構造を持たせることはとても大切なことです。

簡単に確認申請について。

・確認申請が必要な地域なのか?
・市街化調整区域(特別な場合をのぞき、住宅建築には別途申請が必要です。)ではないか?

いずれも、自治体建築指導課に住所を伝えれば教えてくれます。(電話でも可能)
 ちなみに高森町(一部除く)、南阿蘇村は都市計画外ということで、確認申請は必要ありません。
ただし、工事届けが必要で、その際にも工事監理者は有資格者の記名が必要です。


3)確認申請が必要な場合
・建てたい家の床面積が100m2以内、木造であれば資格がなくても提出は可能です。

・ ただし、換気計算や図面添付が必要なので比較的専門的な知識が必要です。

・ また、設計者、工事監理者は有資格者(木造建築士、1または2級建築士)の記名が必要です。
  一般的には、依頼するのが主流です。もちろん、自分で勉強して申請したい、という方ならば
  トライしてみてもよいかもしれません。

・ 確認申請を依頼する場合、面積や構造によってもちろん違いますが、30坪木造二階建て程度であ
  れば、15万円から20万円程度です。

ご自分でトライしてみますか?
ちょっと大変かもしれませんが。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2015-04-06 23:15 | 建築 | Comments(0)
2015年 03月 05日

26歳の建築家が過去から今問いかけてくる

健康に暮らす家木のいえ設計室くわくわ




カンボジアに住む友人と、最近よく話をする。

今時はスカイプで何時間でも話ができるから、遠い所にいる気がしないほどに
お互いの現状を知っていたりもする。

その友人は東京のある紅茶専門店で出会ってからすでに40数年のおつきあいになる。
お互いに結婚をし、子どもを育て、60歳を過ぎて尚、建築の仕事に関わっている。

私が建築の仕事をはじめたのは30代後半だったけれど、彼は大学で建築を学び、
26歳で一級建築士となり、30代で故郷に戻ってから長く設計事務所を経営していた。

木造の美しい家を設計してきた。
架構の美しい図書館を設計し、賞も受賞した。

そんな力のある設計者だった彼は、日本での仕事に区切りをつけ、縁のあった
カンボジアで仕事を始めたのが5年前になる。

彼が20代の頃に書いた、建築に関する論文を読み返す。
建築、というより生、についての考察が記されているように思える。

自分がどういう生き方をしたいのか、どんな空間をイメージして建築に関わるのか。

ただ、建物を建てることを目指すのではない。
生き方としての建築はどうあってほしいのか。

今、家作りに関わる人間のどれくらいの人がこの大切なことに心砕き、設計を
しているだろう。

私自身を内省しながら、改めて彼の論文をまた読み込んでみたい、と思っている。

梵建築工房



[PR]

by kuwakuwa39 | 2015-03-05 22:46 | 建築 | Comments(0)
2015年 03月 04日

家づくり、自分で作る?ーその1 土地のこと

阿蘇では、古家も、古民家も新築も、自分たちで施工する方がいます。
もちろん、日本中でこの動きは広がっていると言えるかもしれません。

私の友人が暮らす笠間市には、基礎から建前、内装、すべてをセルフビルドで建てた女性たちもいます。
やればできる、のです。
ただし、彼らは職業が大工や木工家ですが。


ご夫婦でビニールハウスに暮らしながら、何年もかけて、ご自分たちが納得できる家づくりを進めてい
る方もおられました。
基礎など、型枠からこだわっていて、それは美しい仕上がりでした。


そこで、セルフビルドについて、順を追って少し書いてみようと思います。


○土地について

1)農地の場合
・農地の場合には、各自治体にある農業委員会に、農地転用申請をしなくてはなりません。
 (農業振興地域以外でしたら、比較的簡単に転用は可能になっているようです。)

農地転用に関する会議は隔月、毎月、など自治体によって締め切りの日にちも決まっている
ので、まずは農業委員会に相談してみてはいかがでしょうか?

(新規就農を希望する方も、農業委員会では後継者がいない方から田畑の利用についての
相談を受けている場合もあり、田畑として利用したい場合にも行ってみてはどうかと思います。)


書類などがそろえば、農地転用も自分で行うことができます。
測量が必要な場合には、やはり専門家に依頼する方が安心です。

・土地家屋調査士
・行政書士
・建築家
申請は可能です。

農地転用するためには、家の図面も必要です。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2015-03-04 23:11 | 建築 | Comments(0)
2015年 03月 02日

リフォ−ムで出来ること

本物の木でリフォーム木のいえ設計室くわくわ




あるお宅のリフォームをお受けした際、解体して分かったことがあまりにも驚くべき
ことだったので書いてみたい。

お借りした図面。
きちんとした製図の中には設計者の意図が反映されていて、これならば構造などに
問題はない、と判断して解体を始めた。

入っているはずの筋交いがない。
換気扇をいれるために筋交いが切られている。
入っているはずの床下の断熱材は一切、一カ所も入っていない。
床板の下にあるはずの合板は張られていない。(だから、素足で床に立つことができない
ほど冷たかったわけだ。)
などなど。

設計者がいれば、当然工事監理を資格者が行うことになる。
工務店や大工は、工事監理を受けることで緊張感と図面に忠実な施工をしなくてはならない。

ところが、熊本では工事監理者が工務店内部で行うことが当たり前のようで、このお宅でも
設計者の監理は入っていなかった、と言う。

むかし、東京での現場で、床下をみると、コーヒーの空き缶がごろごろ転がっていたり、木材の
かけらがそのままになっていたり、ひどい現場も相当みてきた。

家は人の「気」で出来ている。

木材や建材だけで出来ている訳ではない。

やっつけ仕事で終えた家。
低価格で請け負った大工が建てた家。
急がされて作った家。
文句をいいながら建てられた家。

残念ながら、高度成長期の家にはそういう家が多かった。
家に罪はないけれど、もしリフォームやリノベーションで関わることになるとしたら、
今度は幸せな家にしてあげたいな、と思う。

作る人にも、住む人にも心地よいと思えるような家。

30年経った家も、リフォームで生き返るのです。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2015-03-02 23:28 | 建築 | Comments(0)
2015年 03月 02日

リフォ−ムで出来ること

本物の木でリフォーム木のいえ設計室くわくわ




あるお宅のリフォームをお受けした際、解体して分かったことがあまりにも驚くべき
ことだったので書いてみたい。

お借りした図面。
きちんとした製図の中には設計者の意図が反映されていて、これならば構造などに
問題はない、と判断して解体を始めた。

入っているはずの筋交いがない。
換気扇をいれるために筋交いが切られている。
入っているはずの床下の断熱材は一切、一カ所も入っていない。
床板の下にあるはずの合板は張られていない。(だから、素足で床に立つことができない
ほど冷たかったわけだ。)
などなど。

設計者がいれば、当然工事監理を資格者が行うことになる。
工務店や大工は、工事監理を受けることで緊張感と図面に忠実な施工をしなくてはならない。

ところが、熊本では工事監理者が工務店内部で行うことが当たり前のようで、このお宅でも
設計者の監理は入っていなかった、と言う。

むかし、東京での現場で、床下をみると、コーヒーの空き缶がごろごろ転がっていたり、木材の
かけらがそのままになっていたり、ひどい現場も相当みてきた。

家は人の「気」で出来ている。

木材や建材だけで出来ている訳ではない。

やっつけ仕事で終えた家。
低価格で請け負った大工が建てた家。
急がされて作った家。
文句をいいながら建てられた家。

残念ながら、高度成長期の家にはそういう家が多かった。
家に罪はないけれど、もしリフォームやリノベーションで関わることになるとしたら、
今度は幸せな家にしてあげたいな、と思う。

作る人にも、住む人にも心地よいと思えるような家。

30年経った家も、リフォームで生き返るのです。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2015-03-02 23:27 | 建築 | Comments(0)
2015年 02月 27日

高断熱する家は健康的?

しばらく前は、高機密、高断熱、という言葉が建築業界を駆け巡った。

現在は断熱の話はするが、高機密、というより通気を止める、というような
言い方に変わっている気がする。

今、国がしきりにすすめている省エネルギー住宅エコポイントを使うための
住宅は、サッシも断熱材も2ランクも上げないと認められない。

グレードを上げて、補助がもらえるなら施主にとってもいいことづくめのように
見える。
でも、ほんと?

本当に施主のためを考えた制度なのか?

国がすすめている平成25年度の省エネルギー住宅の目標値はかなり高い。
そのためにしなければならないことは多い。
大規模な建築物にはすでに計算の義務もあり、これまで以上に確認申請が煩雑に
なった。

2030年には小規模な戸建住宅にもそれを義務づけることになるらしい。

大手のハウスメーカーや力のある中規模の工務店などは様々なことにも対応ができる
だろうけれど、1人親方や小規模な工務店などはますます仕事がしにくくなる。

とくに、伝統的構法で家作りをしている関係者には、この新基準は不評だ。
昔ながらの独立基礎の家を建てる際、構造計算を提出しないともちろん許可はおり
ないし、省エネ新基準の計算は計算自体がむずかしいと思う。
(現在、専門家達の有識者が検討をしている、というけれど。)

自然素材や安全な素材を使って、家を作ることがどんどんむずかしい流れを諸手を
上げて歓迎するのはいかがなもの?

すきま風の通る、寒い家が良い!とはもちろん思っていない。
でも、燃えれば猛毒の出る断熱材をぎっしり詰めている家は安心なの?

燃えない断熱材の工場で魅せてもらった実験では、断熱材は比較的低い温度で
燃えるか溶ける。その匂いは強烈だった。

消防関係者の話では、火事で亡くなる多くの方は、毒ガスを吸って意識を失い
逃げ後れたために焼死するという。

高性能の窓ガラスも使い方を間違えば、折角の冬の日射しと熱を家にいれられない
ことになる。

なんでもやみくもに取り入れる前に、一度たちどまって考えてみてはどうだろう?


私は今、そう思っている。

本物の木の家木のいえ設計室くわくわ



[PR]

by kuwakuwa39 | 2015-02-27 23:09 | 建築 | Comments(0)
2015年 02月 23日

本物

今日、およそ5年ぶりくらいに大切な方とお会いした。

この方は、東京板橋に自らが開発された木の乾燥釜を公開して、沢山の人々に
杉の木の素晴らしさを伝えている伝道師だ。

愛工房の伊藤さん。
愛工房


私が天然住宅立ち上げのお手伝いとして参加したころ、紹介いただいた方だ。

愛工房の乾燥釜は、45℃。
一般の人口乾燥釜では通常100℃を越える高温で一気に乾燥をかける。
もちろん、効率が一番だから。

そして、力のない繊維細胞がぼろぼろになった、カスカスの素材になってしまう。
乾燥釜を持つ製材所に行くと、釜の外部に黒いドロドロの液体が流れているのを
みることになる。これは、樹皮(タール)。本来、木の中に閉じ込められているはず
のものを無理矢理に引き出してしまうのだから、杉の木の素晴らしさの半分は
失っている。

愛工房の釜は、低温で中に人間が入って、さながらサウナのような状態でしばし
過ごす、というイベントを開催してくださる。
アトピー、ガン、精神疾患、不眠、などなど数え上げればきりがないほど、改善した
という体験談も聴く。ただし、効果があります、と決して謳ってはいない。

私も参加した体験者として、本当に不思議な空間だった。
一般のサウナに私は10分といることができない。
熱さと息苦しさとあの密室状態に却って、ストレスを感じてしまうからだ。

でも、この釜の中では鼻腔が開き、肺の中に入る空気質が杉の成分を含むから
だろう、本当に気持ちがよいのだ。

日本には、古来、味噌、醤油、酒、経木など、食品を保管するために杉は使われて
きた。それは抗菌作用が強く、カビなども発生しにくいということだった。
プラスティック製品に押されて、杉の容器は使われる場がとても狭くなってしまった
けれど、昔からの知恵は今なお、生き続けている程に、すばらしい素材だった。

伊藤さんとお会いしたのはお昼。
そしてお別れしたのは6時。
ずっと、杉やミツバチや人としての話をしてくださった。

東京にいると、どうしてもお忙しい中でのお話なので出来なかったようなことも
今日はじっくりとお話することができたのだ。

幸せな時間だった。

伊藤さんは、60歳からが本当の人生、と本に書かれている。
熊本に来て、設計者としての自分をなかなか認識していただけないことに
落胆し、諦めかけていた私は、伊藤さんから何を言ってるの!と叱咤されてしまった。

本当に良いものをお渡ししたい。
人が子どもたちが、元気に健康に安心して暮らして行ける家を設計者として
お渡しして行きたい。

心からそう思った。

仕事をするためではない。
本物を知っていただくため、本物の木の家に暮らしていただくためだ。

住む人主導の家づくりを実現すること。
業者の思惑に振り回されない家づくりを実現すること。

そのためにこそ、設計者は存在している。

私は設計者。
工務店ではない。

そこに住む方の代弁者として、ベストな方法を提案し、工事を監理する。

私は設計者。
そんな私とご縁のある方が、きっと熊本の地にもいらっしゃる。

諦めることをしない、伊藤さんの言葉に私は設計の仕事を始めたころの
初心を思い出した。

良い家に住んでいただきたい。
子どもたちが健康に育ってほしいから。と。


伊藤 好則さんのご著書
「樹と人に無駄な年輪はなかった」
[PR]

by kuwakuwa39 | 2015-02-23 19:48 | 建築 | Comments(0)
2014年 09月 04日

施工写真movieお送りします。

自然素材の家づくり木のいえ設計室くわくわ


熊本での実績がないため、住宅の見学をしていただく事の出来ないくわくわ。

せめて、写真だけでも雰囲気を感じていただきたい。

そこで、これまでのいくつかのお宅の竣工写真をmovieにしたものを送らせていただきます。
Quick Time Playerがインストールされていれば、ご覧いただけます。

ご希望の方は、kuwakuwa movie希望、とご記入の上、お名前、ご住所、ご連絡先を下記
までメールをお送りください。
asonosora39☆gmail.com

☆を@に変えてください。

お申し込みいただいた方に、「健康に暮らす家づくり」資料をお送りします。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2014-09-04 02:00 | 建築 | Comments(0)