阿蘇ぐらし・熊本ぐらし  by 木のいえ設計室くわくわ

kuwakuwa39.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:家族( 7 )


2011年 05月 15日

こどもたちの幸せのために

こどもたちの幸せのために
木のいえ設計室くわくわ

前回のブログを更新した数日後、3月11日の震災、津波、そして原発の大事故が起きました。
その日私は、この国、地球は、まったく今までとは違う世界になった、と感じました。


私達は、25年前に起こった、ソ連のチェルノブイリでの原発の大事故を知っていました。

そこで、どのようなことが起こり、どれくらいの大人が亡くなり、どれくらいの子供達が
放射能が原因で、亡くなったかを知っていました。

私達は、事故が起こった高い濃度の原発の現場で働く多くの人々が亡くなったこと
を知っていました。

もし、40代以上の方で、こういう事実を知らなかったとすれば、それはあまりにも無知、というしかありません。

25年前、ソ連政府は、3日間という間、きわめて近い場所に建つアパートに暮らす数千人の住民にすら、事故のことを知らせず、国民に知らせず、その結果、大量の被爆をさせてしまいました。
しかし、現在の日本よりもまだましだ、と思うことは、数千台のバスを準備して、住民の避難を実行したことです。

原発で事故処理のために働いた人々には、まともな防護服も知識も与えられず、過酷な状況の中での労働を強いて、その後発病した労働者たちに対して、まともな治療、保証を与えませんでした。

そして、4年後、10年後、20年後、そして25年後の今年を迎えても、今なお子供達や大人の白血病や甲状腺ガン、内臓疾患、心臓病、流産、死産が続いています。

今、高濃度の地域に暮らしている若い方、妊婦さん、子供達を育てている保護者の方へ声を大きくして伝えたい。

今起こっていることは、現実です。
毎日呼吸している空気は、いままでのものとは全く違うものです。
どんなに、景色が美しくても、どんなに花が咲きほころうと、今までとは違う場所です。

お願いです。
これから生まれる命のために、今育っている命のために、
少しでも早く、少しでも遠くへ移住をしてください。

今の生活や仕事を理由にしている事態ではないことを知ってください。
学校を、幼稚園を変えることで、起こるかもしれないことの心配よりも
あなたの子供たち、その子供たちが、健康で、生きて行く道を
考えてください。

今はなにも起こりません。
では3年後は?
10年後は?
20年後は?

今、放射能を浴びなければ、内部に取り込まなければ、起こらないかもしれない
健康被害を、子供達に強いることはやめてください。

私の息子は
難病を持って生まれてきました。
その原因は分かりませんでした。

子供が病気であるという事。
その病と闘うという事。
闘う子供を見つめるという事。
そして、その子供を失うという事。

こういう重い体験を、
どんな人にもしてほしくないと思うのです。

今、見えないことでも
私達は知っているのです。

お願いです。

仕事も、学校も、幼稚園も
生きていれば、元気ならば
どんなことだって出来るのではありませんか?

チェルノブイリ原発事故10年後
チェルノブイリ事故から20年

チェルノブイリ~大惨事の環境と人々へのその後の影響
[PR]

by kuwakuwa39 | 2011-05-15 00:01 | 家族 | Comments(0)
2010年 12月 21日

クレヨンハウスで絵本さがし

a0107578_0143639.jpg


ナチュラルな子育ての家
木のいえ設計室くわくわ

先日、お施主さんの赤ちゃんのお祝いを探しに、原宿のクレヨンハウスに
行って来ました。

建築の時、4歳と2歳のお嬢さん達が今はもう二人とも小学生と年長さん。
そして、新しい家族がもう9ヶ月。

クレヨンハウスには、オーガニックの服や木のおもちゃなど、沢山あって悩みましたが、
おねえちゃんたちにも一緒に、と思ってそれぞれの年齢にあった絵本を見付けました。

どうしても、昔自分の子供達に選んで、読んでいた本に目が向いてしまいますね。
絵本を読んでもらうのは、子供は大好き。特に、抱っこしてもらいながらお母さんや
お父さんに読んでもらう絵本は、格別の嬉しさがあるみたいです。
安心感と、自分のための時間。
ゆったりと、過ごしてほしいです。

ちなみに、今書籍として発売中のクーヨン「ナチュラルな子育て だっこ おっぱい 布おむつ」
の中で、アレルギーフリーの住宅というテーマで、くわくわが取材されています。
いますぐ出来るリフォームの素材なども、お話しているので参考にしていただければ嬉しいです。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2010-12-21 00:19 | 家族 | Comments(0)
2010年 02月 27日

8年目の平屋


a0107578_14561298.jpg


健康なくらしを
木のいえ設計室くわくわ


8年前に竣工したM邸。
年月が経って、使っている木材にも深みがまして、おちついた
雰囲気が出て来ました。

御主人のための音楽室には、JBLのスピーカーなど設置されて、
ターンテーブルも幾台も並んでいます。

勾配天井の板、床の板、壁の珪藻土など、音を響かせる、吸収する
という効果が、適度に影響しあい、心地よい奥行きのある音になる
ようです。

リクエストして、サラ・ヴォーンの「Lullaby of Birdland」を聴かせて
いただきました。レコードのちりちり、という音も、サラのかすれた
歌声もとてもとてもなつかしく、20代のころを思い出すひと時を
すごさせていただきました。

密集した敷地に南面正面に建った、二階建ての家があっても,
大きく開けた上部の窓から,冬の日には、家の奥深くまで陽射しが
入る、と喜んでくださっていました。

お引き渡し後も、少しずつ手を加えて、ご家族のカラーにそまった
おうちに、無垢の木が寄り添っているような、気持ちよい空間にな
っていて、とても嬉しくなりました。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2010-02-27 14:57 | 家族 | Comments(0)
2010年 02月 26日

愛情いっぱいの机

a0107578_23473799.jpg



a0107578_23483046.jpg


健康なくらしを
木のいえ設計室くわくわ

3年前に竣工したT-houseのおとうさんが、工事中にとりおいてあった
板材を使って、すてきな机を作りましたという、メールをいただきました。

小学生になるおねえちゃんのために、愛情こめて、作ってあげたのでしょうね。

写真を送ってくださったメールには、もうひとつうれしいお知らせが
ありました。

もうすぐ、新しい家族がやってくるとのこと。
たのしみ!

おかあさん、大変だけど、きっと楽しいこといっぱいあるから。
がんばってくださいね。

赤ちゃんに会いに、おじゃましまーす。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2010-02-26 00:00 | 家族 | Comments(1)
2009年 02月 25日

プレゼント

a0107578_055920.jpg

先日、事務所にいらっしゃったお客様のお嬢さんが、私たちがお話している間とても熱心に絵を描いていました。

私のことを描いてくれたので記念にいただいて、今私のパソコンの前で応援してくれています。

お客様の子供さんたちが元気に成長していく姿を見せていただくのも、私の喜びです。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2009-02-25 00:55 | 家族 | Comments(0)
2008年 12月 22日

カンボジアの親子のはなし

a0107578_2356620.jpg

私の友人は長崎で設計事務所を開いている。
梵建築工房

無垢の木と左官の美しい家を作リ続けている、私の大先輩でもある。

彼は友人とともに、NGOが支援するカンボジアの木工を学ぶための学校の設立に
向けて、その設計をボランティアで行ってきた。

先日、竣工された学校のお祝いを兼ねて、カンボジアに出向いた。

今回の旅の話しを聞いた時、学校の話しよりも先に、ある親子の話しを
してくれた。

友人はホテルのロビーでコーヒーを飲んでいた。
そこへ、物乞いの親子らしい人影が近付いて来た。
様子を見ていると父親は目が見えないらしく、幼い娘が彼の手を
ひいてゆっくりゆっくりと歩いてくる。
友人は紙幣を渡した。
そばにいたホテルマンが、カウンターから出て、娘さんにスプライトの
缶を手渡したという。(追い払うかわりに!)

彼女達は静かに外へ出て、父親を安全な場所に座らせた。
嬉しそうにスプライトの缶を開け、父親の手の渡した。
父親はためらいながらも一口飲むと、すぐに娘に手渡そうとした。
所が、娘はもう一度父親に缶を持たせて、父親にのむように促した。
そして、幸せそうに彼が飲む姿を見つめていたという。

たった、これだけの話し。
でも、これを聞いた私は何も言えなくなってしまった。
親子はおそらく、家を持たず、安らげる場所もない。
目の見えない父親は、幼い娘の助けがなければ日々の生活にも事を欠く
暮らしなのだろう。身につけている衣服を見れば、彼らの暮らしぶりを
推し量ることが出来た、と友人は言った。

もし、これが日本だったら?

家族のつながりや、子供へ、親への愛情のありかが、まったく違う所に
いってしまった気がしてならない。

木のいえ設計室くわくわ
[PR]

by kuwakuwa39 | 2008-12-22 00:09 | 家族 | Comments(3)
2008年 12月 19日

うちの天使

a0107578_2148638.jpg


木のいえ設計室くわくわ

彼女がうちにやってきたのは、10年まえのクリスマスの日。
家族みんなへのプレゼントとして、サンタさんが我が家によこ
してくれた天使です。

家でパソコンに向かって仕事をしている時には必ず膝の上に
上ってきて、まるで猫みたいに私の腕を枕に心地良さそうに
目を細める。

ミニチュアダックスフンド。
人為的に施された掛け合わせのせいか、腰の骨や膝が弱い。
腫瘍になるなど、病気になる率も高い。
少しでも長生きをしてほしいと願うばかりです。

愛らしいアーモンドアイの目のまわりの茶色の毛の中に
白い毛が混じるようになってきた。
年のころなら、私と同じ中年なのです。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2008-12-19 21:57 | 家族 | Comments(0)