阿蘇ぐらし・熊本ぐらし  by 木のいえ設計室くわくわ

kuwakuwa39.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 20日

『ミツバチからのメッセージ』

a0107578_14122533.jpg

a0107578_14171483.jpg


シックハウスにならない家づくり
木のいえ設計室くわくわ

数年前から問題になっていた、ミツバチの大量死を通して、化学物質、農薬の問題を
具体的に指摘しているドキュメンタリーです。

建築家の立場として、あらためて怖い、と思ったのは、
シックハウス法と称して、建築基準法で規制されたクロルピリホス、とホルムアルデヒド。
そのうち、クロルピリホスは、有機リン系の防蟻処理剤として使用が禁止されました。
その変わりに使用されてきたのが、ネオニコチノイド系の薬剤。

シロアリ駆除剤
アセタミプリド=モスピラン、マツグリーン、イールダーSG、アリベル
ジノテフラン=スクータル

これは、おそらく、住宅の土台、柱材などに塗布されていると思われます。
以前、クロルピリホスに規制が出来る前、シロアリ駆除剤のために化学物質過敏症を
発症する人が多く、問題になり、使用禁止になった経緯があります。
住宅に使用される農薬の、最も人が影響を受けやすいものといえます。

建築基準法に規制が出来た後も化学物質過敏症、シックハウスは一向に減少する気配
がなく、増加していることが、このことからもよく分かります。

1990年ころから使われ始めた、ネオニコチノイド系の農薬は、防虫剤、殺虫剤として
あらゆる場面に使われていて、しかも植物に浸透し、25日間もの間効果を持続する。
要するに、残留する。

しかし、収穫物の残留濃度を測定する機関、設備が日本にはまだない。
その恐ろしさを訴えて行きたい、と元全農の検査機関にいた養蜂家が語っています。

昆虫、ミツバチが死ぬ、ということが、生態系の一番上にいるヒトに対して、どれほど
の影響をもたらすか、解析出来ない今の時点で、使用することが果たして良いことなのか?

神経系に作用する、ネオニコチノイド。
乳幼児、胎児には特に、注意が必要です。

日本の基準値は、EU基準の300から500倍。アメリカの100倍。
すでにEU諸国では使用が禁止されている所もある、この農薬を、使い続けるのでしょうか?
消費者である、私達も、農業を営む農家も、建築に関わる人々も注目していくべき
時が来ていると思います。

DVDは、一枚2500円。
申込先
ミツバチを救え!DVD製作プロジェクト実行委員会 
mail : mamkr732011@yahoo.co.jp
[PR]

by kuwakuwa39 | 2011-02-20 15:29 | シックハウス | Comments(0)
2011年 02月 19日

小川和紙 無添加和紙づくりー3

a0107578_1249534.jpg


安全な素材で家づくり
木のいえ設計室くわくわ

昨日は、楽しみにしていた試し漉きの日。

a0107578_12503088.jpg


先日、とった木の灰からの水で煮ると、楮の繊維がほぐれます。
煮た後の楮を水でよくさらし、アルカリ成分を洗い流します。
そして、叩いた材料がこちら。

a0107578_1251082.jpg


叩いて水につけておいたとろろあおい。
とろろあおいの保管の際に、どうしても通常は腐敗防止に薬品を
使うのですが、このプロジェクトでは、一切使用しません。
保管には冷凍庫に保管。出来るだけ冬の間に使い切るようにします。
(紙すきは、もともと農閑期の冬場の作業が多かった。)

a0107578_1244771.jpg

a0107578_12375279.jpg


楮を水に混ぜて、とろろあおいを混ぜ込みます。

a0107578_1238433.jpg


今回は試し漉きなので、小さな枠で漉いていただきました。
漉いているのは、久保製紙 の後継者、久保孝正さん。

a0107578_1252419.jpg

a0107578_12391295.jpg


枠からはずし、数枚重ねてプレスします。

a0107578_12393013.jpg


ある程度の水分をきった後、板(松)に一枚一枚張って
乾燥させます。

a0107578_12395887.jpg


冬の時期、自然乾燥で4時間程度。

『杉紙』の完成!!
きれいな木目が紙に映り、独特の雰囲気が出ます。

くわくわは、内装材として、使用予定。

賃貸に暮らしている方や、健康素材として、セルフ施工の
材料として使っていただきたいと思っています。
空気が変わります。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2011-02-19 13:05 | 健康に暮らす | Comments(0)
2011年 02月 16日

小川和紙 無添加和紙づくりー2

a0107578_1284575.jpg


安全な素材で家づくり
木のいえ設計室くわくわ

前回、楮かしきに参加した小川町の無添加和紙づくり。
今回は、紙すきの材料づくりの見学に。

a0107578_1292574.jpg


木灰は、広葉樹の間伐材の灰を使って、アクとりをします。
アクとりとは、楮を煮る際に使う液を作るための行程ですが、灰を
お湯に入れて、しばらく加熱します。

a0107578_121005.jpg


アルカリの強い液体で、さわってみると、とろとろです。
これを荒目、細目と段階を踏んで濾します。

a0107578_12104315.jpg


楮は、前回皮を向いた後、表面の黒い表皮をさらにナイフでこそぎ
落としたものを乾燥させたものを、水にさらしておきます。
日光にあてることで、自然に漂白されて、いきます。
漂白剤を使った紙は、時間が経つと黄ばむのですが、無添加和紙は、時間
が経つと白くなる、というのは、陽にさらされるためということが分かります。
冬の時期、材料を雪の上でさらす方法もあるとのこと。

a0107578_12131276.jpg


思わず、『きれい!』と叫んでしまった、漂白された楮。
これは、塩素漂白で、真っ白い紙を作るための材料。
白いことがきれい、という頭の構造、洗剤メーカーの広告に毒され
ているのかなあ。
ちなみに、うちは石けん洗剤で、まっ白にはなりませんが。

a0107578_12175180.jpg


とろろあおい。小川で作っています。
とろろあおいは、紙すきの際の作業性を上げる、素材に粘性を持たせる
ための素材です。

a0107578_12181516.jpg


叩いて、繊維をほぐし、水につけると粘液が。
この、とろろあおいを保存するのが難しく、無添加和紙の場合は冬の間だけ
しか漉く事が出来ません。

和紙、といっても、現代は殆どがタイやフィリピンからの楮やガンピという
ものが材料の主流。

今回の無添加和紙を復活するきっかけは、小川町の生活工房「つばさ・游」 の高橋さんが
小川和紙(細川紙)の後継者久保商店さん に提案して実現したといういきさつがあります。
伝統的な技術を残してほしい、そのためにはニーズがないと、継続がむずかしいです。

建築の中でも、壁紙、建具、照明、間仕切り、などなど和紙を利用してほしいと
思います。
私は準備中の店舗の内装として、使わせて頂こうと思っています。

和紙はセルフ施工にとても適した材料でもあります。
和風にも、モダンな雰囲気にも作ることは出来ます。

近いうちに、壁紙に和紙を貼るワークショップを開く予定です。

18日は、いよいよ紙すきです。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2011-02-16 12:22 | 健康に暮らす | Comments(0)
2011年 02月 13日

マンションのリフォーム

a0107578_12151850.jpg


こだわりリフォームなら
木のいえ設計室くわくわ

マンションに愛工房の杉を張ったお宅です。
玄関から和室にいたる所まで、段差がいくつもあったので、床を上げて
段差を解消しました。

a0107578_12181097.jpg


鏡の扉はIKEAで購入。
箱は杉でつくり、中の収納量もかなりあります。

a0107578_12185682.jpg


洗面室とトイレに分かれていた壁を取り去り、壁には杉を張りました。
どうしても、湿気がこもりがちな洗面室も、杉を張る事で、調湿効果も
上がります。カビもはえにくいはず。

a0107578_12202720.jpg

個室は、押入れをクロゼットにして、すっきりと片付きました。
a0107578_1220063.jpg


a0107578_12212695.jpg


家具をすべて処分して、収納の家具を作り付けました。
書類などのファイルや食品なども、壁一面の収納にかなりの量が納まります。
ガラスのケースを扉だけ、IKEAから購入。家具は箱を杉で、扉はつき板で
つくりました。

a0107578_12233067.jpg


キッチンも交換。
吊り棚はつけず、棚板として、見せる収納としました。
意識的に整頓がしやすいかもしれません。

リフォームをする前、みなさん、収納に悩まれる方が多いようです。
マンションの場合は、特にスペースが限られていますから、本当に
必要か、それほどでもないか、という見極めが大事です。

都内では、スペース=お金。
暮らしをスリムにして、スペースにゆとりを持つのもいいですよ。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2011-02-13 12:31 | リフォーム | Comments(0)
2011年 02月 10日

エッグファームに行ってきました。

a0107578_23354028.jpg

素敵に暮らす家
木のいえ設計室くわくわ

深谷のエッグファーム さんに行ってきました。
深谷のYASTUDOKIYACAFE のオーナーのご主人、山本一仁さん(陶芸)、石黒綾子さん(蔓細工) 、花田美江さん(ガラス)の三人展を開催しています。
a0107578_23434436.jpg

展示会場になっているのは、普段は著名なジャズミュージシャンを招いてのライブを開く
コンサートホールです。
もう20年の歴史ある場所とのこと。
次回は是非コンサートにもうかがいたい、と思いました。
a0107578_23465530.jpg

山本一仁さんの器。
我が家にも、山本さんの器があります。
お芋の煮物が特別なお料理に変身してしまう、不思議な器たち。
a0107578_23481250.jpg

石黒綾子さんのぶどう蔓のバッグなど。
かごだけではなく、布の部分もご自身で製作する、使いやすいバッグたち。
a0107578_23492357.jpg

花田美江さんのフュージョンガラス。
建築とのコラボレーションも楽しそうです。
a0107578_23513824.jpg

エッグファームは、その名の通り、卵屋さん。
卵から、ひよこをかえし、大切に育てたにわとりから卵を生産。
飼料などにも、こだわりながら、現在のご主人で3代目。
a0107578_23534980.jpg

販売所には、ヨーロッパから取り寄せたイースターエッグも販売されていました。

知人の展示会などに出掛けると、新しい出会いがあって、嬉しいです。
コンサートホールをプロデュースされているお母様と、しばしおしゃべり。
大切にしていることを曲げずに、続けることの意味を教えていただいた気が
いたします。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2011-02-10 00:02 | 素敵に暮らす | Comments(0)
2011年 02月 04日

築40年の家をリフォーム

a0107578_23211146.jpg

自然素材でリフォーム
木のいえ設計室くわくわ
築40年の木造住宅のリフォーム例です。
実は、私の事務所です。

先日来、床張りや壁塗りをしてきた居間ができあがったので、ご紹介
します。
a0107578_23224695.jpg

床は、愛工房の杉板厚15ミリ。
壁は、自然塗料。
a0107578_23244832.jpg

扉は、ネパールの紙をメラミン樹脂の扉の上に糊で貼りました。
a0107578_2325207.jpg

テレビ台まわりの壁は、愛工房の木を張りました。
a0107578_23254877.jpg

この家は、クッションフロアと、たばこのヤニだらけのビニールクロスの
借家だったのですが、なにをしても良い、という条件でお借りしています。
おかげで、とても心地良い空間を作ることが出来ています。

リフォームや新築をお考えの方、是非一度、おいでください。
自然素材を体感していただけると思います。
お子様もご一緒に。

自分で、施工したい、と思う方には素材、施工のご相談にも乗って
おります。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2011-02-04 23:31 | リフォーム | Comments(0)
2011年 02月 03日

無垢材の補修方法(床)

a0107578_10195259.jpg

無垢材の家づくり
木のいえ設計室くわくわ

杉や他の針葉樹(桧、松、唐松等)の床材は、肌触り、心地よさ、どれを
とっても、内装材としてはオススメの素材です。

冬の表面体感温度は、全く違います。合板の床は冷たくて、足に固い感触があります。
夏のジメジメ感も、無垢材の床を張った家では違います。無垢材なら、ふとんを
直接敷いても大丈夫ですが、合板の床ではふとんの湿気がとれません。

ただ、どうしても一般の方が気にするのが、柔らかくて傷つきやすいこと、
汚れやすいことです。
確かに、家具など、ごろごろ動かしていると、杉などはすぐにへこんでしまいます。

そこで、簡単な補修の方法(これも面倒,という方はパスしてね。)を
書いて行きます。
a0107578_9522084.jpg

上の写真は、ひとりで家具を移動した時、床張りの最中にできた傷です。
a0107578_9583096.jpg

傷の上に、湿らせた布、もしくはティッシュをおいてしばらく放置します。
a0107578_9592040.jpg

すこーし、盛り上がっているのが分かりますか?
a0107578_9594342.jpg

そこで、高温設定したアイロンをあてます。
スティーム状態です。
a0107578_1002030.jpg

軽くあてた後、ほとんどへこみが消えています。

合板の床は、表面に薄い木をはってあって、下はベニヤです。
傷がつくと、補修はけっこう面倒なものです。(市販の補修材があります。)

傷がつきにくい針葉樹の床材は(すべて国産材です。)
桧、松、唐松、栂、杉の順番。
広葉樹では(すべて国産材です。)
かえで、桜、栗、ナラ材があります。

一般的には、針葉樹の床材が多く、化学物質過敏症の方などには
香りの少ない材料をオススメしています。

一日をどのような空間で過ごすか、それは心身ともに大きな影響を
受けます。
呼吸して、空気がおいしいと感じられる生活をしませんか?
[PR]

by kuwakuwa39 | 2011-02-03 10:22 | 健康に暮らす | Comments(0)
2011年 02月 02日

リフォームで、築35年の住宅を、居心地良く変身。

a0107578_15105087.jpg

無垢材の家づくり
木のいえ設計室くわくわ

築35年のお宅のリフォーム例です。
a0107578_15111946.jpg

写真のように、キッチンと居間は壁で完全に分かれていました。
居間との一体化、対面のキッチンというのが、奥様のご希望です。
主婦の立場から、やはりキッチンでの孤独な作業は辛いもの。

a0107578_15131597.jpg

壁にI型だったキッチンを対面のL型キッチンに変更。
a0107578_15115189.jpg


居間とキッチンをつなげました。(地震対策には、耐震ボードを張って補強しました。)
a0107578_15222129.jpg

居間のタンスは床の間をクロゼットにつくりかえて。
繊維壁には、石膏ボードを張って、自然塗料を塗りました。
a0107578_15153073.jpg

a0107578_15162671.jpg

トイレもリフォーム。
a0107578_15325418.jpg

a0107578_15283557.jpg

タイル貼りだったトイレも、木の床と壁紙を貼って、暖かい雰囲気になりました。

塗装や床のワックス(自然塗料)塗りをご夫婦で施工。
寒い時期の工事。きっと、大変だったことと思います。
お疲れさまでした。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2011-02-02 15:41 | リフォーム | Comments(0)
2011年 02月 01日

自宅をリフォーム中-2

a0107578_13545970.jpg

無垢材の家づくり
木のいえ設計室くわくわ

壁塗りの後、愛工房の杉板(厚15ミリ)を張りました。
愛工房の杉は、低温乾燥の釜で作られるので、杉が持つ本来の
ツヤや香りが残っています。

「奇跡の杉」船瀬俊介著 に詳しく書かれているので、関心のある方は
お読みください。

日本の杉をなんとかしなくては森の再生はない、という愛工房開発者の伊藤好則さん、
同じように、森の将来を憂う製材所、材木店がこの杉を通して、もう一度、日本人
に杉の素晴らしさを思い出してほしいと、頑張っています。
私も、その末席に並ばせていただいているつもりですが。
a0107578_13551380.jpg

以前、張ったことのある杉の床材に比べて、とても張りやすい材料、というのが
大きな印象でした。
油分が残っているので、触れている手がなんとなくつやっとして、かさかさに
なりませんでした。
くたびれて、ごろっと大の字になってみると、鼻先にふわ〜んと、良い香り。
しばし、作業を中断して休んでしまいました。
a0107578_13553163.jpg


無垢材、とくに杉は柔らかい感触が、心地よいのですが、傷がつくことを
気にするあまり、人気の薄い素材のひとつです。
でも、ベニヤ(合板)に薄い板を貼付けた一般の床材は、傷がついたらそれ
を元に戻すことは出来ません。無垢の材料は、削ったり、水をつけたり、
サンドペーパーをあてれば、元にもどります。

毎日の暮らしを快適に過ごすためには、是非無垢の木材を使っていただきた
いなーと思います。

次回は、傷のついた板材の補修の方法を書きましょう。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2011-02-01 13:59 | リフォーム | Comments(2)