阿蘇ぐらし・熊本ぐらし  by 木のいえ設計室くわくわ

kuwakuwa39.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 07日

阿蘇ぐらしの訳ーその1

a0107578_2322514.jpg


南阿蘇村 水源 明神池

健康に暮らす家木のいえ設計室くわくわ





埼玉の所沢からなぜ阿蘇に暮らすことになったの?

初めてお会いする方には必ず聞かれます。


もともと、都会を離れたい、という気持ちで関東近県を物色していた私。
まさか、はるか熊本までやってくるとは??
実は、私自身も驚いています。未だに。


「天然住宅」立ち上げのスタッフとして働いていた時の友人家族が阿蘇に暮らしていることを
知って、2011年の夏に会いにきたのが初めでした。
同じ年の12月、所沢から車で、西日本を巡る旅に出ました。

長野、京都、神戸、山口、福岡、長崎、そして熊本へ。

阿蘇の麓で農業を営んでいるポッコワパ農場を尋ねた時、この土地のエネルギーに感動しました。
火山の持つ、激しいエネルギーなのか?
草原の広がる山々の空気なのか?

ここで生きて行きたい、そんな風に思ったものです。

そして、もうひとつ大きな理由の一つ。

豊かな湧水です。

a0107578_23441543.jpg


私の住む高森町には湧水トンネル公園という、とんでもない名前の公園があります。
高森から高千穂へ抜けるトンネルを掘っていた時に、大きな水脈をあててしまって、トンネル工事を
断念した、という曰く付きの公園です。

毎分32トンの湧水量とのこと。
水脈を破壊したことで、上の地域の水が枯れ、田ができなくなってしまった、というほどの量です。

(アルプスの下を通るリニア新幹線、すでに水がなくなった地域があるとききます。さらに工事を進めて行く中、同じことが起きないか、とても気になっています。)

この湧水は、トンネルの上に水道管がいくつも並んでいて、蛇口から湧き水を汲むことができるのです。

写真は、いわゆる地から涌き上がる湧水池のひとつ、明神池です。
ぽこぽこと水草を揺らして涌き上がる水。
自然の豊さを毎日感じ、受けている、と感じながら生きています。


南阿蘇、高森町には各地に水源池がありますが、すべてが美味しい、きれい、ということでもないみたい。

a0107578_23444335.jpg


それでも、おそらく日本でも有数の美味しい水が飲める場所です。
ありがたい所なのです。
[PR]

# by kuwakuwa39 | 2014-10-07 23:47 | 健康に暮らす | Comments(0)
2014年 10月 04日

どんな所でくらしましょうか?ー南阿蘇

a0107578_22504348.jpg



気候風土を大切に木のいえ設計室くわくわ




熊本に来て、すぐに住み始めたのは小さな貸家でした。
不動産を通さず、地元の方からの情報でした。


住み始めて3ヶ月、すぐそばに「売り地」、という看板があって、古い家が建っていました。
そこに住むことを決めたので、それ以降住む場所を探す必要はなくなりました。


友人が阿蘇に暮らしたいという話をきいて、高森町や南阿蘇村のアパートの金額を
調べてみました。


2LDKで58000円。これは、高森町の駅から歩いて5分程度の所にある、二階建て
のアパート。駐車場2台つき。
面積は東京よりは広いものの、金額をきいてびっくりしました。
思ったよりも高額だと感じました。


東海大学近くにある1kなどは35000円から40000円くらいでもありますが、学生が
借りるためのアパートのようで、高森町や南阿蘇村には単身者用のものはあまり
ありません。


他に、別荘地に建つ別荘を借りる方法もあります。
不動産からの情報よりも、こちらも地元の方の紹介で、という場合もあります。
先日、外観を見せて頂いたお宅、50000円。2LDK、浴室、トイレ水洗の一軒家。
ただし、日当り悪し。

阿蘇の別荘地は杉の森の中に建っていることが多く、日当りの悪さや湿気、カビ
など、ちょっと困った場所もあるかもしれません。


20000円くらいで安い家を探したい、という方もいるのですが、今、高森、南阿蘇
ではその価格では見つけにくいようです。
(移住者が増えたことで、貸し手市場の阿蘇。)


それから、古い家は、時にお風呂が使えなかったり、寒かったり、小さな子どもがいる
家族にはつらい場合もあります。


私も、こちらに来て知った阿蘇住宅事情です。


もし、土地の購入などを考えていたとしても、とりあえずは借りて住んでみる。
地元の方とつながちを持つ。
最適な場所とのご縁を待つ。


焦りは禁物、ということですね。
[PR]

# by kuwakuwa39 | 2014-10-04 22:50 | 快適にくらす | Comments(0)
2014年 10月 02日

古民家、古家、借りる?買う?

a0107578_13143520.jpg


高森町にある古民家を改修したカフェ「里の駅たにやま」

古民家改修、古家診断いたします。木のいえ設計室くわくわ




日本には、築100年を越える昔ながらの美しい建物が残っています。
欧米では、大切にリノベーションを施して、躯体はそのままに、修理をし、インテリアを
変えることで、自分らしい住宅として生まれ変わらせる、というのが普通に行われてき
ました。


だから、ヨーロッパに行くと木造も石造りも築200〜300年などという住宅が、今も現役で
その美しい景観を保っています。


地震が多い日本では、木造の庶民の住宅は現存しにくかったのかもしれません。

豪農、地主、商家、武家屋敷、神社、仏閣。
特別な力を持つ人々の家だけが、今も残っているのかもしれません。
それは、使われている材料がまったく違っているからです。
大黒柱、土台、基礎(コンクリートではなく)。
当時でも力がある者だけが許される立派な材料が使われています。


木や漆喰で覆われた外壁も、軒を出すことで守り、時がくれば交換、補修することで
長い時間を越えてきました。


阿蘇にもいくつかのいわゆる古民家が残っています。
でも、残念なことにその多くは傾き、腐り、崩壊を待っているようなものも見られます。
全国に広がった大手ハウスメーカーの家が文化的で快適、という考え方が残念なこ
とに主流のようにも思えます。


高森の知人は、そういう家を改修し、立派なカフェに作り替えて営業をしています。
移住者の多くがお世話になったゲストハウスも、いわゆる古民家、というよりは古い家
古家(ふるや)ですが、オーナーさんのセンスでとてもすてきな空間になっています。


また友人の一人は立派な古民家を家族で少しずつ手をいれ、家族と訪問者が快適
に暮らせるように、修理、改修を手がけています。
お邪魔するたびに新しいトライをみせていただけるのが楽しみです。
囲炉裏も、キッチンストーブも手作り。
トイレだってお父さんの手作りです。


311以降の移住者たちは、色々な住まい方をしています。


古家を借りて暮らしている方。
土地を買い、新築して暮らしている方。
現在建築中の方。
その多くが、自ら工事に参加、施工を頑張っています。
アパートで暮らしている方も。


昔の日本人は、農業をしながら、大工も左官も茅葺きも自分たちが仲間と
行っていました。
阿蘇ではまさしく、そういう状況が繰り広げられているのかもしれません。

古民家、古家を購入するか、借りるか、それによって気をつけるべき所は変わってきます。

崖崩れの可能性はないか?
築何年くらいなのか?
シロアリの食害はどれくらいか?
構造の状態はどうなの?
屋根、雨漏りはないか?


価格だけでつい判断してしまいそうですが、最低限、それくらいはチェックしてください。
売値が安くても補修、修理に以外とお金がかかることもあります。

借りる場合は、そのままの状態で暮らせる家なのか?

とくに、水回りはきちんとしたチェックが必要です。
冬期の凍結は死活問題です。


私が初めて借りた家は水道管の修理にお金がかかる、と言われ、一時的に暮らす家に
出費したくなかったので、湧水から水を汲んで、暮らしていました。(阿蘇ならでは)
給湯器もついていなくて、自分でつけてください、と言われていましたが、それも
やめました。
お風呂は温泉がなんせ300円で入れます。
プロパンの高い地域なので一人暮らしは温泉の方が安い。


キッチンで料理が思うように出来なかったので、食堂やカフェに1日1回でかけ
ていたおかげで、地元のお知り合いも増えました。

現在の私は、売り地についていた古家を自分で改修して暮らしています。
いまだ工事途中のままです。

内部はなんとか暮らせるようになっていますが、外部は手つかず。
玄関、なんとかしなくては、と思いながらすでに2年が経って・・・。

また冬がやってきてしまいます。
ああ、まにあうか!!
[PR]

# by kuwakuwa39 | 2014-10-02 13:21 | 快適にくらす | Comments(0)
2014年 09月 26日

阿蘇暮らし 移住者たち

a0107578_0462737.jpg


気候風土を大切に木のいえ設計室くわくわ




南阿蘇村、高森町には関東からの多くの移住者が暮らしています。

2011年3月11日大震災後の原発大破壊に背中を押された人たちもいます。
その他にも、311前から古民家を借りて、手を入れ、家族、ウーファーさんを受け入れて
農業をしている家族や、定年退職をした方たちが終の住処として、阿蘇へ移住をしています。

関東からの移住者の多くは、まだ小さな子どものいる若い家族たちです。
移住して3年、4年経ち、皆落ち着いた暮らしを取り戻しているように思います。

林業や農業の修行をしている人、東京の仕事を引き続いている人。
アルバイトや緊急雇用制度を利用している人たちもいます。

土地をみつけ、家を直し、畑を耕す。
子どもを育てながらの毎日は、それはそれは大変なことだと思います。

それでも、皆楽しそう。
マルシェを開いて、手作りの食品や食事を販売したり、手工芸のものを販売したり。
歌を歌う人たちもいます。Pro級です。

だから、阿蘇は忙しい。
マルシェ、ライブ、フリーマーケット、新酒祭り、風鎮際などなど。
週末はなにかしら、イベントがあって人が集まり、地元の方たちともつながりを持って
生きています。

今週末27日は、世界農業遺産マルシェ。
昨年、認定を受けたのをきっかけに、沢山の方に阿蘇の良い所を知ってもらおうと
開いたマルシェです。

南阿蘇村のあそ望の郷 くぎの

自然栽培や有機栽培の野菜、安全でおいしい食べ物たち。
ライブもあります。

真っ正面には阿蘇五岳が!!

秋は楽しいイベントが目白押しなのです。
秋だけではありませんが。
[PR]

# by kuwakuwa39 | 2014-09-26 00:50 | 素敵に暮らす | Comments(0)
2014年 09月 24日

阿蘇に暮らして2年と8ヶ月

a0107578_22585374.jpg


外輪山西側に沈む夕日。

気候風土を大切に木のいえ設計室くわくわ




昨日、阿蘇が世界ジオパークに認定されたのを機に、ブログのタイトルを変えました。
住んでいるこの場所が、もっともっと多くの方に知っていただきたいから。


2012年1月、冬まっただ中に引っ越しをした阿蘇の町。
とりあえず借りた小さな家は、水道管は凍りつき、直しても直しても破裂しました。
水道の元栓を閉めて、室内の水道をあけて寝れば大丈夫、と教えてもらったのですが
時すでに遅く、その頃は気温も上がり始めていました。

家の中の水道をぽたぽた落として寝た夜、逆つららが出来ていたのにびっくり。
1晩外泊して戻った時、家の中からじゃーああああというすごい音にびっくり。(破裂してました。)
車に置きっぱなしだった濡れたタオルは凍ってしまい、パキン、と折れそうな状態にびっくり。

埼玉から南にやってきたつもりの私は、まずその寒さに愕然としました。
もっとも、阿蘇は山の上。標高も我が家で500mあるのですから、寒いのは当たり前のこと
ですね。

私が現地の方に一番多くお尋ねしたしたことは?

 雪はどれくらい降りますか?積もりますか?    でした。

昔は膝くらいまでは積もったけれど、最近は減ったなあ、という答えでした。
今年の3月、4月、東京でも大雪になったころ、さすがに高森町も町中で50センチくらい積もりました。
マイナス10度にもなる高森町ですから、凍結が怖いのですが、雪が積もって動けなかった経験はその時1回だけでした。

もちろん、スタッドレスタイヤは必須ですが。
ノーマルタイヤで動いている車が幹線道路でひっくり返っている光景をみるにつけ、阿蘇で暮らす
には必需品と分かります。

それほどに寒い阿蘇で建てられる家にも関わらず、この地域の家は冬向けに作られていないと感じます。
安普請の借家はもちろんですが、一般の住宅も、今までの常識の範囲の断熱しかされていません。
国土交通省発行の日本の省エネ基準の指標とする地域分けでも、阿蘇地域は東京と同じⅣ地域。
おかしいです、絶対に。

そもそも、寒いことに「我慢」で対応してきた日本中の人たちにとって、家全体が暖かい北欧のような
家を建てるということは贅沢のように思われてきたのかもしれません。
半纏を着て、こたつに入って、廊下に出ればぶるっと震える。そういう暮らしが当たり前?
高齢者の脱衣室、浴室での死亡が多いのも、日本ならではかもしれません。

家を建てる時のコストが少し追加になりますが、その後の長い冬を快適に暮らせることが分かって
いるのであれば。
私は、阿蘇だからこそ、太陽熱のエネルギーの恩恵を取り入れるシステムがとても有効だと考え
ています。

薪ストーブの炎のゆらぎを楽しみに暮らす方が多いのも、阿蘇地域の特徴かもしれません。
そのエネルギーの効率を良くするためにも、このシステムはとっても良い!

昨晩、肌寒い南阿蘇のお宅ではこのシステムのおかげで、室温25度でした。
我が家は15度程度。すでに寒いです。

曇り空の一日を過ごした夜で、のこの室温は(薪ストーブはまだ点火されず)、素晴らしいと
思いませんか?
蓄熱することで、エネルギーを保管することができるわけです。

もし、阿蘇で家作りを考えておらるなら、くわくわにご相談くださいね。
[PR]

# by kuwakuwa39 | 2014-09-24 23:02 | 快適にくらす | Comments(0)
2014年 09月 04日

施工写真movieお送りします。

自然素材の家づくり木のいえ設計室くわくわ


熊本での実績がないため、住宅の見学をしていただく事の出来ないくわくわ。

せめて、写真だけでも雰囲気を感じていただきたい。

そこで、これまでのいくつかのお宅の竣工写真をmovieにしたものを送らせていただきます。
Quick Time Playerがインストールされていれば、ご覧いただけます。

ご希望の方は、kuwakuwa movie希望、とご記入の上、お名前、ご住所、ご連絡先を下記
までメールをお送りください。
asonosora39☆gmail.com

☆を@に変えてください。

お申し込みいただいた方に、「健康に暮らす家づくり」資料をお送りします。
[PR]

# by kuwakuwa39 | 2014-09-04 02:00 | 建築 | Comments(0)
2014年 06月 01日

地鎮祭

a0107578_225131.jpg


自然素材の家づくり木のいえ設計室くわくわ

高森の大工さんからの依頼で、お客様と打合せをさせていただいた
高森の住宅の地鎮祭です。

これまで、地元の宮司さんにお願いをしていたのですが、
今回は大工さんがいつもお願いをしているという、行者さんにお祓いをお願いしました。

地鎮祭は、敷地=土地の神様に、その土地にあった樹や
その土地に生きている様々な生き物たちに、
東西南北、天と地の神様たちに
家を建てるにあたり、お許しを請い、
神々の加護をお願いし、

工事にあたる人達
そこに暮らす人達の

無事と安寧を祈る儀式です。

行者さんは、時間をかけて土地を清浄に導いてくださいました。

これから、7月ごろから工事が始まるとのこと。
無事に竣工することができますように。

くわくわ設計の家ではないのですが、地元のお仕事に関わることが
できたこと、感謝しています。

ちなみに、熊本県産材を利用すると、規定の柱や梁材のプレゼントを
受けることが出来ます。抽選になりますが。

木のいえ設計室くわくわへの設計、お申し込みおまちしています!!
[PR]

# by kuwakuwa39 | 2014-06-01 01:54 | 建築 | Comments(0)
2014年 05月 15日

扉のはなし1

a0107578_18294092.jpg


手仕事のある家づくりa0107578_18141329.jpg/home/">木のいえ設計室くわくわ

くわくわのこだわりのひとつは、建具です。

ご予算、立地条件、法的条件など、外部の建具は、しばりが
大きいのですが、やはり玄関扉は木製がいいなあと思います。

大きく出た庇があれば、木製でも大丈夫です。

家の顔としての玄関。

断熱性や防火性を優先させるなら、どうしてもサッシになるので
しょうが、近代の日本の家の外観に表情がなくなってしまったのは、
木製の窓や扉が消えてしまったせいではないか、といつも思っています。

アルミは熱橋になるとして、今は樹脂サッシが増えてきました。
でも、木の断熱性能は樹脂よりも優れているはず。

ペアガラスを取り付ければ、断熱効果も期待できます。
重さに耐えられる、外部に使える木材。
ヒバや桧を素材にして、木製の窓を使いませんか?
(日本の古い家はほとんどが杉の建具ですけれど。)

家の表情がずっとやさしい姿になります。

a0107578_18195428.jpg

写真は、玄関ホールに取り付けた木製の両開き窓です。
あおり止めをつけて外開きになっています。
内側に網戸をとりつけています。

建具の桟に合わせた色ガラス。
ステンドガラスにせずに、私はこうしたガラス使いをよくします。

昔の日本の家屋にあった、木製の窓を美しいと思う方は多いはず。
我が家のリビングにも、築80年の古民家からいただいた建具を
使っています。
[PR]

# by kuwakuwa39 | 2014-05-15 18:36 | 未分類 | Comments(0)
2014年 01月 31日

旧暦の新年 おめでとうございます。

a0107578_1311561.jpg


わくわくの家づくり木のいえ設計室くわくわ


熊本に移ってから早いものでもう2年が過ぎました。
この2年の間に九州の気候、そしてそこに暮らす方々の食、住、少し知る
ことが出来ました。

熊本は埼玉よりずっと南にある、と思っていたのに冬の寒さは想像以上。
特に私が住んでいる阿蘇は標高が500mありますから当たり前です。
でも、古い家には断熱材など入っていません。

夏向けの別荘として建てる場合にも、夏の快適さが目的ですから冬の滞在の
ための手段はとらない、という方が多いのかもしれません。
でも、その家に1年を通して暮らすようになると大変です。
後から断熱材をいれたりするのはお金がかかるし、手間もかかる。

折角建てるなら、一年を通して快適に暮らすことが出来る家がいいのに、
と思ってしまいます。

地元の方たちにとっては、設計事務所に依頼する習慣はありません。
小さな町ですが、工務店が多く、古くからの人間関係からも、なかなか
設計事務所が設計いたします、など難しい環境にあることに気づきます。
でも、設計者だからこそ出来ることはある、と思っています。

旧暦の新年の今日、改めて思い返しています。
なぜ私が設計者になろうと思ったのか?

そこに暮らす方が幸せになってほしい。
毎日を気持ちよく暮らしてほしい。
子どもたちが元気にのびのびと育ってほしい。

私の願いです。
毎年送られてくる、お客様からの年賀状をいただくたびに、すくすく笑顔の
ご家族と子どもたちの成長した姿を見せていただくたびに、本当にこのお仕事
に出逢えたことに感謝しています。

熊本での3年目。
くわくわは、ひとりでも多くの方と、楽しい家づくりをさせていただきたいと
思っております。

家づくりをわくわくと、にこにこと。

新しい年、おめでとうございます!!
[PR]

# by kuwakuwa39 | 2014-01-31 13:03 | 明るい未来 | Comments(0)
2014年 01月 15日

子どもの脳があぶない 新農薬ネオニコチノイドが日本を脅かす

講演会 のお知らせです。

タウンミーティング@くまもとの主催です。
熊本に来てから、環境、放射能、選挙など、市民の目から気になることの
情報を共有したり情報交換出来る場として、不定期で企画しています。

今回は、すでに日本中でも使われているネオニコチノイド系農薬に警鐘を
ならず3人の専門家の皆様から、お話をうかがいます。

私は、設計者の立場から、化学物質の多用されている現代の住宅に深く憂
慮している者の一人です。
現実に、この農薬が床下の土台や柱に防蟻剤として使われていることを知
りました。
農業に従事する方だけの問題ではありません。

農山間地だけではなく、すぐそばにある危険を知っていただきたい、と
思い、この講演会を企画いたしました。
遅い時間になりますが、土曜日の夜、皆様のご参加を心からお待ちしてお
ります。

今回、夜間なので託児を用意しておりません。
記録を残す予定です。
動画配信が出来れば、と思っております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子供の脳が危ない
新農薬
ネオニコチノイドが日本を脅かす in kumamoto

ミツバチへの悪影響が懸念されている近年、多用されている農薬・殺虫剤 ネオニコチノイド。
EUで食品の安全性などを評価する欧州食品安全機関(EFSA)は
水溶性で残留性が高いと危惧している。

日本では、この農薬の残留基準は、欧米に比べとても緩いのです。
その危険性に警鐘をならしている方たちから話をききます。
低濃度でも人間の脳や神経の発達に悪影響を及ぼす恐れがあるとの見解を発表しました 。


日時:2014年 2月 8日(土)    18:30開場19時開演
場所:熊本市国際交流会館会議室
   (市電 花畑町下車、徒歩約3分)
参加費:1000円(要申し込み 80名様)


講師

テーマ「子供の発達障害」
黒田 洋一郎    脳神経科学者
(元東京都医学研究機構 神経科学総合研究所 参事)
環境脳神経科学情報センター 代表

著書:「化学物質の逆襲ー汚染される人体 環境 地球 」
   「アルツハイマー病 」
   「脳と神経の科学」



テーマ「新農薬ネオニコチノイドについて 」
水野 玲子      NPO法人ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議 理事
環ネオニコチノイド系農薬の使用中止を求めるネットワークの立ち上げに参加

         
著書:「新農薬ネオニコチノイドが日本を脅かす ~もうひとつの安全神話~ 」
   「虫がいない鳥がいない」(久志 士男氏と共著)



テーマ「新農薬ネオニコチノイドで虫がいない 」
御園 孝       造園家、
          ミツバチを救え!DVD製作プロジェクト実行委員会 実行委員長
ネオニコチノイド系農薬の使用中止を求めるネットワーク 共同代表
DVD ミツバチからのメッセージ
   赤とんぼがいない秋
著書: 「ミツバチ飼う人この指とまれ」


主催:タウンミーティング@くまもと
お問合せ・お申し込み:piece-of-peace@angel.email.ne.jp
           090-9302-2036 巻まで     
FBページ https://www.facebook.com/townmeetingkumamoto

    
化学物質過敏症にならない家を目指すなら木のいえ設計室くわくわ
[PR]

# by kuwakuwa39 | 2014-01-15 22:54 | 環境 | Comments(0)