阿蘇ぐらし・熊本ぐらし  by 木のいえ設計室くわくわ

kuwakuwa39.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 13日

レンガのこと

a0107578_21253159.jpg

木のいえ設計室くわくわ

3年前に東京から設計のご依頼をいただいて、しばらく通ったお宅の庭は、
建築主のパパが庭づくりを楽しみにしておられました。

駐車スペースには、エピソードブリックの黒レンガを敷いて、とても雰囲気が
よくなりました。
a0107578_21252776.jpg
a0107578_21253809.jpg


今は、畑も充実しているのではないでしょうか?

a0107578_21254210.jpg


子どもたちも、一緒に土いじりをしているかな?

エピソードブリック。
ここで扱っているレンガは、偽物とは違う本物の土のレンガ。
ヨーロッパで解体した、道のレンガや建物のアンティークレンガも販売しています。

ホームセンターで購入できる薄いレンガは、セメントのリサイクル材料で作られて
います。味わいが、本物とはどこか違います。

a0107578_21312968.jpg
ただ、熊本に来てすぐに自宅のキッチンに貼った、白いレンガタイルはその中
でも、雰囲気があったので選びました。残念ながら現在販売していません。

キッチンのガス周りのお掃除が嫌で、レンガにしたのですが、8年間、壁の汚れ
が全く気になりません。

レンガは、油を吸収してくれるせいか、汚れも目立ちません。
ベトベトもしていません。おすすめです。





# by kuwakuwa39 | 2019-02-13 21:33 | 素敵に暮らす | Comments(0)
2019年 02月 05日

車椅子疑似体験参加しました!



a0107578_00114491.jpg
木のいえ設計室くわくわ

2月3日、熊本県民交流館パレアまつりで開催されたKDF主催の疑似体験に参加してきました。
私も会員である、バリアフリーデザイン研究会としても、会の一員として展示ブースを準備。

これまでのリフォーム事例などの写真や、様々な手すりの見本を並べて、ご説明をしました。

私は、母や息子の車椅子介助の経験は長いことあるものの、実際に自分が乗って、街を歩く
経験はありませんでした。

この会場には、車椅子体験、目が見えにくい方が使用する白杖体験、耳が聞こえにくい方の
体験、視野狭窄の方の体験など、様々な方の体験ができるトライアルが沢山。

私も、参加して見ました。

まずは、白杖体験。
片目をアイマスクで隠し、片目は3ミリほどの穴が空いたアイマスクで覆います。
そこで、白杖を持って、点字ブロックに触れながら歩きます。
歩けない!!怖い!!
会場は、周りに人がいません。
でも、街にはすれ違う人や自転車など、また駐輪自転車。
駅のホームから落下して亡くなった白杖使用者の方がいらっしゃいました。
なぜ近くの方が、教えてあげることができなかったの?
疑問に思います。点字ブロックは、大切な信号です。
自転車など、絶対に置かないようにしましょうね。

a0107578_00114498.jpg

車椅子体験。
点字ブロック程度(5mm)の凸凹、面取りがしてあるかしていないかで、通りやすさが
違います。わずか5mm!!車椅子ではとても大きな段差と気付かされます。

1mの距離で、15cm程度の坂。
正面から車椅子で降りると、その恐怖は思った以上でした。手の力があれば、車輪の制御が
できるかもしれませんが、それでもこんなに小さな坂が怖い!
目の前に壁があれば激突してしまいそうです。

a0107578_00114465.jpg
コーンを並べた、スラロームを車椅子で通り、床にあるものを拾いバックで戻る。
自動車教習所でやったスラロームよりもずっとずっと難しい。

これは、マーケットや狭い商店の通路に見立てて作られた体験コース。
私は、幾つもの商品を床に落としてしまったと思います。
まー、難しい。

コンビニの棚などの想定をした場所では、車椅子の足先が使えてものが取れない。
ある程度以上の高さの物は取れない。教えていただいたのは、ペットボトルなどのショーケース
は開き扉なので、商品を取った後、扉に足が挟まれてしまうこともあるそうです。

もし、車椅子の方がお買い物をしている姿に出会ったら、

「何かお困りのことはありませんか?」

と、私はお声をかけることにしています。
もしかしたらお役に立てるかもしれません。

ここは普段、体験できない貴重なイベントだと感じました。
もし、どこかでこのようなチャンスがあれば、ぜひ参加してみてください。

きっと、分かること、気づくことが沢山あると思います。

バリアフリーデザイン研究会でもやりたいなあ。と思った次第です。

こういう時、いつも思うこと。
もし、日本の教育の場があらゆる人がともに過ごす場所であったなら、
もっともっと優しい国になれるのに、ということです。

北欧の学校は統合教育。障害者学校もない、障害者手帳もない。
弱い立場の方たちのために、自分たちがサポートするのは当たり前、
と考える国民が育っていきます。
幼い時から共に同じ教室で、生きていた友人だから。

あまりにも、隔てられた私たち。
もっと、優しい人、になれますように。





# by kuwakuwa39 | 2019-02-05 00:15 | 快適にくらす | Comments(0)
2019年 02月 01日

劇的ビフォーアフターは実現できる? ②



木のいえ設計室くわくわ

リフォームのご相談があると私ははじめにこのようなお尋ねを
します。

①これからどのような暮らし方をしたいですか?
②ご予算の中で、最優先したいことはどのようなことですか?

リフォームする家の築年数によっては、耐震の調査が必要な場合も
あります。

できるだけ、ランニングコストを低く抑える工夫も大切です。

断熱のこと、構造のことだけではなく、明るく、暖かく、落ち着く
快適な、などというキーワードを、どのように具体的に実現してお渡しできるか
をいつも考えています。

今、熊本は地震後の補修、改修や、お建て替え住宅のお話やご相談が増えています。
改修の場合、これまでと同じように直すだけではなく、これまでよりも暮らしやすくなる
ようなご提案をさせていただいています。
せっかくの資源を、住み続けることでつぎの世代に残すだけではなく、若い世代の
子どもたちにとっても、心地よいと感じていただけるようにしたい、と考えます。

先日、左官の親方に見ていただいた古民家の土壁も、補修することで漆喰の壁が
生まれ変わります。大きな梁や柱を持った、漆喰の家。
熊本にある資源。
暗くて寒い印象の古民家を、明るく暖かい、気持ちの良い家にすることも可能です。

大切に住み継いでいただくために、ご提案していきたいと思っています。

お気軽にご相談ください。







# by kuwakuwa39 | 2019-02-01 18:46 | 建築 | Comments(0)
2019年 01月 31日

職人の技 

a0107578_00135788.jpg

木のいえ設計室くわくわ

先日、お会いした左官の親方に、現在進行中の木造3階建ての土壁の家を見学
させていただくことができました。

御船町はこのような建物が今も残されている場所とのこと。

欅の大黒に惚れ込んで、40年前に移り住んだお施主様。


熊本地震があるまでは、大丈夫だったお宅が、漆喰が落ち、土壁も落ち、
とても大変な状態だったそうです。

a0107578_00083412.jpg
               増築された部分か、意匠かわからないとのことですが、なぜか室内に瓦。

職人が、壁を剥がしていると、自分の皮膚を剥がされるよう、と悲しそうに
話しておられた奥様は、その言葉の奥に深い愛情が溢れるばかりです。

a0107578_00082634.jpg
                      艶のある柱と梁、漆喰の壁が美しいです。

艶やかな、柱、梁、きっとお手入れされているのだと思います。
美しい小屋組は惚れ惚れします。
この仕事を、誇りを持って取り組んだ、棟梁がいて、弟子がいて。
130年前に、3階の高さまで、この大きな梁をどうやって持ち上げたのか?
昔の職人の技術は、現代に引き継がれるチャンスも少なく、本当に悲しいこと
だと思います。

a0107578_00083637.jpg
                  このような材料、手に入れるのも難しいかもしれません。

3年前の地震で、どれほどの美しい日本家屋が解体されたのでしょう?
2度と建てることができないにも関わらず。

竹を組んで、新たに塗られた土壁は、また新しい歴史をこの家に刻むのでしょう。
完成まではまだまだ時間がかかると思いますが、とてもとても楽しみです。

近くにある、街中ギャラリーは、見学ができる、元酒蔵の建物。
深呼吸できる、数少ない公共施設です。
ぜひ、見学にいらしてみてください。
御船街中ギャラリー





# by kuwakuwa39 | 2019-01-31 00:14 | 建築 | Comments(0)
2019年 01月 30日

「劇的ビフォーアフター」は実現できる? ①

a0107578_01363529.jpg
        増築した玄関内部。車椅子の収納場所も確保しました。

木のいえ設計室くわくわ

答えは「イエス!!」
もう随分長い間続いている番組「大改造!!劇的快適ビフォアアフター」。

楽しみにしている方も多いのではありませんか?

埼玉で設計事務所をしていた時、テレビ局から声がかかったことがありました。
いわゆる「匠」として。

工事期間が限られているテレビ番組では、どうやったら効率良く、施工が早く
進む方法を選択しなければならず、合板やビニールクロスを使用しない方針の
私としては、お断りするしかありませんでした。

お仕事では、ほとんどスケルトン(柱だけ残して全て作り直す)にしてのリフォーム
をすることもあり、まさしく、テレビのように天井をはがして埃まみれ、という場面
もありました。

ご高齢のお母様を3人の子どもたちが介護するためのリフォームを、というご要望が
あったお家
玄関へのアプローチが車椅子では使えない、狭くて暗く、寒いトイレや廊下。
お母様がお一人で使用することができませんでした。


a0107578_01392147.jpg
    漆喰の壁にはお気に入りの絵画が飾られています。ドアの向こうに廊下。

構造も断熱も不安なお宅を、耐震構造にし、断熱材を入れ、お母様のお部屋は
つぶれてしまう心配がないくらいの、しっかりした強度を持たせました。

急だった階段の位置も変更し、二階には沢山の本をまとめて収納できる図書室を
作りました。

お母様が安心して使用できるように、トイレも脱衣室も浴室もキッチンも、全て
の水回りを作り直しました。

a0107578_01403070.jpg
     サンルームにつけたシンクのボックスも大工さんの造作です。
     シンクは底の平らなsk7を乗せて居ます。

リビングが寒いので、南側にはサンルームを増築し、そこでも植物のお世話が
楽しめるような工夫もしました。

アーティストの娘さんのご希望で、ビビッドな色で塗装をしたら、お母様がそのドア
を目指してお一人でトイレに行くことができるようになった、ととても喜んでくださ
いました。


a0107578_01411194.jpg
          大工さん造作の食器棚と飾り棚

ご高齢の方にとっては、手すりをつけたり、段差をなくすことだけではなく、
絵を飾る、色を工夫する、など、視覚に訴えることも大切です。

あのテレビ番組が素敵なのは、依頼する人にも、任される「匠」にも、
「愛」
が溢れているからだと思います。

住む方が喜んでいただけることを、快適に暮らせるようになることを、
あれこれ、工夫を凝らしてプランを考えるのは、設計士にとっては至福の
時間です。

「なんということでしょう!!」

最後のナレーションの言葉を一人でも多くの方に言っていただきたいですね。








# by kuwakuwa39 | 2019-01-30 01:41 | 快適にくらす | Comments(0)
2019年 01月 27日

くわくわ の家② (根子岳の家)

a0107578_16032697.jpg
木のいえ設計室くわくわ

先日外観の写真をアップした住宅の室内です。
子どもたちの遊び場、トレーニングマシンのある部屋から根子岳が見えます。
時には雨天の時の洗濯物干し場にも。

a0107578_16041724.jpg


リビングの天井は、勾配天井に。
同じ広さでも天井の高い部屋はより広く感じることができるのでオススメです。

a0107578_16042882.jpg
オープンキッチンは、作る人と食べる人が一体感をもてる良いアイテム。
子どもたちも、食器の片付けなど、お手伝いしやすい。
宿題もキッチンテーブルで。
a0107578_16124553.jpg
玄関横から見えるショーウィンドウを室内から。
おとうさんのご希望でした。コレクションのアンティークのおもちゃなどを飾るスペースです。
表からの写真がアップできず、残念。




# by kuwakuwa39 | 2019-01-27 16:16 | 建築 | Comments(0)
2019年 01月 24日

本物の熊本の左官職人

a0107578_21440577.jpg
    墨漆喰とベンガラ漆喰の色のコントラストが綺麗。


木のいえ設計室くわくわ

熊本に来てから、大工さんからの依頼で関わらせていただいた住宅では
なかなか左官の仕上げをすることができずに来ていました。

予算、工期、など、現在進行中の建築業界では、極力避けられてしまう
仕上げになってしまいました。

今回、古民家の改修で、土壁をビニールクロスに変える、という大工さん
に、竹小舞を生かして、土壁を塗り、その上に漆喰を塗ってもらうように
提案しました。

さて、土壁の施工ができる左官が今どれほどいるか?
改修は新規の壁よりもずっと難しい。

そこで、東京でお付き合いのあったあじま左官さんに連絡をして、熊本の
職人さんを紹介していただきました。

市内の山の中腹にあるお宅。築20年になる、とは思えない。
外壁も内壁もヒビもなく、タイルの壁も左官の壁も美しくて驚きました。

熊本地震以降、ヒビが入るから、クレームになるから、と施工業者は選択肢から
外しています。

a0107578_21435526.jpg
                 顔料と漆喰で描かれる鏝絵です。横からみると凹凸があります。

おおいさんは、左官職人の協議会などの審査もされるほどの方です。
漆喰で仕上げる、かまどや鏝で描く、鏝絵などの技も素晴らしい。

a0107578_21440285.jpg
                  このかまどで、ご飯が炊けますよ、とおおいさん。
                  ヒビも入らないそうです。


職人さんの技をお借りして、強く、美しい家づくりを目指して行きたい、と思いを新たにいたしました。

漆喰と無垢の木の家、創りませんか?




# by kuwakuwa39 | 2019-01-24 21:52 | 建築 | Comments(0)
2019年 01月 18日

省エネの考え方

a0107578_14511455.jpg
木のいえ設計室くわくわ

数年前から、大規模建築や共同住宅などでは、すでに確認申請時に必要だった
建物の省エネ化の計算書。
住宅でも長期優良住宅、ZEHなどの申請にはすでに必要な手続きでしたが。

どうやら、2020年以降、小住宅でも必要になる可能性があるらしく、建築
関係者向けの講習会が全国で行われて来ました。

2018年度の最後の講習会に参加して来ました。
3年前に、ソフトを使っての計算を経験していたので、数値、言語には馴染みが
ありましたが、やはりこれが確認時に必要になると、予算の少ない方は家が建てら
れなくなってしまうのではと気になりました。

高森のある大工さんは、断熱材も窓の仕様も最低限で入れています。
それは建築主の予算を一番に考えているためですが。
これでは、高森などの標高500m以上の地域では寒くて仕方がありません。

国が指定している全国の地域別でみると、熊本は地域5、地域6(山側)。
この仕様では、標高400以上の阿蘇地域ではまだまだ足りない、と考えます。

北海道の様に氷点下10度以上の地域では当たり前の仕様、暖房機の考え方が、
同じ氷点下10度にもなる高森などでは実施されていません。

北海道のかたが、東北以南に来ると、とても寒く感じるのもそのためだと思います。
長野の友人の家も断熱材が最低限度のものしか入っていないのでとても寒いと言って
いました。

例えば、熊本市内での平成28年省エネレベルの住宅を実現するには天井には155ミリ以上、
壁には100ミリ以上床下は60ミリ以上、の断熱材を入れることで数値はOKが出ます。
大手のハウスメーカー、意識のある工務店はすでにこの程度のレベルはクリアしていると
思いますが、従来の工務店、大工さんなどにこの話をすると驚く方が多いのです。

サッシの場合、樹脂のサッシ(アルミではなく)、ガラスの種類、ガラスとガラスの間の
ガスの有無でも機能が変わります。

全てをOKラインまでクリアするとしたら、おそらく建材だけで1.2〜1.3倍増になるでしょう。
予算がふんだんにあるかたにとっては問題がありませんが、例えば予算が1,500万円の場合、
消費税2%アップ、建材2%から3%アップとなれば、負担増は否めないと思います。

私の考え方は、決められたご予算の中でも、できるだけ快適に!
なので、確認申請とは関係なくできるだけの断熱は計画する、仕上げ材はいい加減には選択しない。
前回のブログの住宅は壁内充填のセルロースファイバーを使ってもらいました。

もしご予算を圧迫する場合は、面積や設備の部分での調整をご提案しています。

どの程度の省エネ住宅にするかは、もちろん建築主の判断ですが、情報や知識のない建築従事者との
やりとりでは、選択の余地もありません。

建築、リフォームを考えておられる方は、最新の情報を持っている設計者、施工者との建築を
してください。納得できる家づくりを!










# by kuwakuwa39 | 2019-01-18 14:53 | 建築 | Comments(0)
2019年 01月 14日

くわくわ の家①(根子岳の家)

a0107578_17212658.jpg


木のいえ設計室くわくわ

高森町で設計を担当させていただいた平屋の住宅です。

a0107578_17250439.jpg
a0107578_17212112.jpg
根子岳を望む、素晴らしいロケーションの土地の、4人家族の家です。
庇を大きく出したアプローチ部分は、杉板を張ってもらいました。
a0107578_17211357.jpg
国立公園の中なので、屋根の形や外装の色に制限があります。
屋根、壁の色は、白、クリーム、茶、黒などの規制があるので、自然に溶け込む
ような建物になりました。

a0107578_17205913.jpg


内部の写真はまたの機会に。


# by kuwakuwa39 | 2019-01-14 17:32 | 建築 | Comments(0)
2019年 01月 12日

くわくわ のオリジナルキッチン①


a0107578_22402441.jpg
   杉材とクルミ材でしつらえた、キッチン。トップはステンレス製です。


今日、久しぶりにキッチンのショールームに行ってきました。

システムキッチンは、ほとんどが合板にメラミン樹脂を貼ったものです。
扉を開くと、ボワっと、化学物質臭が!!

新築、リフォームでカタログからキッチン、洗面台を選ぶ場合には、入居、使用するまで
の間、扉を全開放して、24時間換気扇を回して、できるだけ化学物質を放出しておいても
らってください。ずいぶん、匂いはなくなります。

くわくわ のお施主様は、オリジナルのキッチンを希望される方が多いのはなぜでしょう?

くわくわ へおいでになるお施主様は、まずはモデルハウスに見学に行かれて、
違和感を感じ、他の選択肢として設計事務所との家づくりを探し、ホームページから
くわくわ へご連絡をいただきます。

どのような違和感なのでしょう?

室内に入ると気持ちが悪くなる。
頭が痛くなった。
落ち着かない。
建築敷地でのイメージが湧かない。

などなど。

体調に変化が出る方は、敏感な方かもしれませんが、そこで使用されている素材に
体が反応しておられると思います。

モデルハウスは、仕様も、置いてある家具もコーディネートされていて素晴らしいですが
そのまま見積もりをとれば、とても高価な建物になってしまいます。

敷地と道路の関係、暮らし方、デザイン等、こだわりの家を作ろうとすると、なかなか
実現は難しいのかもしれません。

その中でもキッチンは、使い勝手、デザイン、価格等、お施主様によってオリジナルを選択される方の理由は
様々ですが、何より安全な素材で作る事ができる。
私がお勧めするのはそこが大きいかもしれません。

また、車椅子の方やご高齢の方にとっても、最も使いやすいキッチンを手にする事で、できる事が
ずいぶん多くなります。楽に、は楽しい、につながると嬉しいです。
a0107578_23070474.jpg
クルミと杉の引き出し
a0107578_23070800.jpg
L字部分の有効利用のためのスライド棚
ガス台下はゴミ箱用です。


お施主様と打ち合わせを進めながら、タイルを選んだり、水栓を吟味し、ガスコンロ
の選択にショールームに出かけたり、ご一緒する過程がとても楽しいお仕事の一つです。

このキッチンは、子どもたちも一緒にお料理ができるように、調理台、スペースも広めに
作りました。

a0107578_23071112.jpg
ガラス戸の食器棚は大工さんの造作によるものです。
普段使いの物を収納して、下の収納部分に上手に収納されていました。




# by kuwakuwa39 | 2019-01-12 23:05 | 健康に暮らす | Comments(0)