阿蘇ぐらし・熊本ぐらし  by 木のいえ設計室くわくわ

kuwakuwa39.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 22日

断熱リフォーム

a0107578_15512045.jpg


杉の香りの家づくり
木のいえ設計室くわくわ

久しぶりに、昨年リフォームをさせていただいたお客様とお会いしました。

昨年の初夏、断熱塗料を外部に塗布したお宅でしたが、さすがに今年の
暑さは、どうにもならなくて、クーラーをいれてしまいます。
とお話になっていました。

確かに、クーラーの苦手な私も、今年は昼過ぎになると、仕事場にいる
ことが出来ず、涼しい場所に移動してPCに向かっています。

ここ数年、最高温度を更新し続けている日本。
家づくりは、確かな温熱環境解決策が必要になっています。

ドイツやスイスのように、冬期を旨として建物を考える国と、
日本のように、夏の暑さを基本に考えなくてはならない国では
自ずと、手段が違ってきます。

特に、都会での建築は、外部からの風の流れを考える、ということが
とても難しい。
暑い時期は、外部の熱を入れず、尚、内部はクーラーなしで涼しい、という
状況を作る必要があります。

今までは、窓をあけて、風を通して、と私も考えていましたが
外部の日除け、遮熱、植栽のことなど、少し費用がかかっても、
ご提案していかなくてはならない、としみじみ思っている所です。

ちなみに、写真は私の仕事場前の窓です。
思いっきり、西向きなので、緑のカーテンがあってもよしずがあっても
夕方は窓の前にいられません。(我が家は借家です。)

家づくり。
設計者の取り組みが、とても大切だとしみじみ想う、夏の終わりです。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2010-08-22 15:47 | 建築 | Comments(2)
Commented by ame-no-michi at 2010-08-22 20:14
緑のカーテン、いい感じですね。
Commented by kuwakuwa39 at 2010-08-23 23:56
ame-no-michiさんおひさしぶりです。緑のカーテンが南面ならば
意味があるのかな?とにかく、今年はがんばって繁茂してくれた
ゴーヤくんには申し訳ないけれど、ものすごい暑さです。
それにしても、ゴーヤもはっぱもお水さえあげていれば、ちゃんと青々とした緑を提供してくれます。ありがたいです。感謝!


<< リフォームその後      愛工房の杉でリフォーム >>