阿蘇ぐらし・熊本ぐらし  by 木のいえ設計室くわくわ

kuwakuwa39.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 06日

家づくり、自分で作る?ーその 2  確認申請ってなーに?

本物の木づくり木のいえ設計室くわくわ





今日は確認申請について。

日本で家を建てる場合、自治体、地域の中で建てようと思う敷地がどういう条件の
場所なのかをまずは知る必要があります。

都市計画地域、市街化区域、市街化調整区域、農業振興地域、などなど。
それからその中で、都市計画としての用途地域が分けられています。

例えば、住宅を主に建築できる地域と工場が建築できる地域では、条件が
違います。

敷地に対して、建てられる家の規模は都市計画の用途地域によって決められています。

建築基準法に基づいて、確認申請の必要な地域がほとんどです。
しかし、私が住む阿蘇郡高森町や南阿蘇村では、確認申請の必要ない地域がほとんどです。

確認申請が必要ないとしても、住宅として安全な構造を持たせることはとても大切なことです。

簡単に確認申請について。

・確認申請が必要な地域なのか?
・市街化調整区域(特別な場合をのぞき、住宅建築には別途申請が必要です。)ではないか?

いずれも、自治体建築指導課に住所を伝えれば教えてくれます。(電話でも可能)
 ちなみに高森町(一部除く)、南阿蘇村は都市計画外ということで、確認申請は必要ありません。
ただし、工事届けが必要で、その際にも工事監理者は有資格者の記名が必要です。


3)確認申請が必要な場合
・建てたい家の床面積が100m2以内、木造であれば資格がなくても提出は可能です。

・ ただし、換気計算や図面添付が必要なので比較的専門的な知識が必要です。

・ また、設計者、工事監理者は有資格者(木造建築士、1または2級建築士)の記名が必要です。
  一般的には、依頼するのが主流です。もちろん、自分で勉強して申請したい、という方ならば
  トライしてみてもよいかもしれません。

・ 確認申請を依頼する場合、面積や構造によってもちろん違いますが、30坪木造二階建て程度であ
  れば、15万円から20万円程度です。

ご自分でトライしてみますか?
ちょっと大変かもしれませんが。
[PR]

by kuwakuwa39 | 2015-04-06 23:15 | 建築 | Comments(0)


<< 家づくりって面白い      3月11日  >>